映画ランキング

全国映画動員ランキング

集計期間:1月27日(金)〜1月29日(日)

今週のシネコンランキングは、木村拓哉と綾瀬はるかが織田信長とその妻・濃姫を演じる東映創立70周年記念作品『レジェンド&バタフライ』(東映)が、週末(金・土・日)3日間で動員37万1000人、興収4億9700万円をあげ、初登場1位に輝いた。総製作費20億円をかけ、幾度となく映像化されてきた織田信長の人生を、今までとは全く違う新たな視点で描いている。脚本は「コンフィデンスマンJP」シリーズの古沢良太、監督は「るろうに剣心」シリーズの大友啓史。共演は伊藤英明、中谷美紀、宮沢氷魚、市川染五郎、他。
 2位には、8週連続1位をキープしていた『THE FIRST SLAM DUNK』(東映)が続き、週末3日間で動員23万人、興収3億4500万円を記録。累計成績は動員647万5000人、興収94億5400万円を突破した。
 3位は、遂に1月29日(日)をもって終映を迎えた『ONE PIECE FILM RED』(東映)が、週末3日間で動員21万8000人、興収2億9200万円をあげた。公開177日間の累計成績は動員1427万人、興収197億円となり、国内の映画興収ランキングで歴代8位となった。また、全世界興収は319億円に到達し(一部地域では上映中)、この記録を記念して原作者の尾田栄一郎氏による「全世界興行収入319億円突破記念ビジュアル」も披露された。
 公開12週目を迎え、週末3日間で動員20万人、興収2億7400万円あげた『すずめの戸締まり』(東宝)は4位となり、累計成績は動員990万人、興収131億6000万円となった。
 また、「このマンガがすごい!」(オンナ編)で2連覇を果たした岩本ナオによる同名コミックをアニメーション化した『金の国 水の国』(ワーナー)が6位にランクイン。100年断絶している“金の国”の王女サーラと“水の国”の建築士ナランバヤルが、国の思惑に巻き込まれ“偽りの夫婦”を演じ、やがて不器用な二人の“やさしい嘘”が両国の未来を変えていく。監督は渡邉こと乃、声の出演は賀来賢人、浜辺美波、神谷浩史、沢城みゆき、他。
 そして公開15週目となる『RRR』(ツイン)が再び上昇し、9位にランクインした。(提供:興行通信社)

過去ランキング

TOP