映画ランキング

全国映画動員ランキング

集計期間:1月15日(土)〜1月16日(日)

今週の動員ランキングは、『コンフィデンスマンJP 英雄編』(東宝)が、土日2日間で動員33万1000人、興収4億7100万円をあげ初登場1位を獲得した。初日から3日間の累計では、動員41万7000人、興収5億9000万円を超えるヒットスタートとなっている。いわずと知れた人気TVドラマの劇場版で、第1弾ロマンス編、第2弾プリンセス編に続く第3弾。長澤まさみ、東出昌大、小日向文世らお馴染みのメンバーと、これまでのシリーズに登場してきた江口洋介、広末涼子らに加え、新たに松重 豊、瀬戸康史、城田優ほか豪華キャストが多数参戦。脚本・古沢良太x監督・田中亮による鉄板タッグで、世界中のセレブが集まる世界遺産の都市〈マルタ島・ヴァレッタ〉を舞台に史上最大の騙し合いが描かれる。
 土日2日間で動員32万2000人、興収4億5400万円をあげた『劇場版 呪術廻戦 0』(東宝)は先週と同じく2位をキープ。累計では動員628万人、興収85億7000万円を突破し、歴代興収64位まで順位をあげている。
 先週首位でスタートを切った『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』(ソニー)は、土日2日間で動員27万2000人、興収4億2600万円をあげ3位にランクイン。累計では早くも動員167万人、興収25億円を突破している。
 新作では『ハウス・オブ・グッチ』(東宝東和)が5位に初登場。巨匠リドリー・スコット監督が、『アリー/スター誕生』でアカデミー賞主演女優賞にノミネートされたレディー・ガガ、「スター・ウォーズ」シリーズのアダム・ドライバー、名優アル・パチーノほか豪華キャストで、ファッションブランド「GUCCI」一族の崩壊を描く。
 6位にも新作『クライ・マッチョ』(ワーナー)が初登場。半世紀以上に亘り第一線で活躍し、90歳を超えてなお精力的に作品を発表し続けるクリント・イーストウッドの、監督デビューから50年、40作目となるアニバーサリー作品。本作でも監督・製作・主演を務め、落ちぶれた元カウボーイが孤独な少年との旅を通して「真の強さ」に目覚めていく姿を描く。
 既存作品では、4位の『99.9-刑事専門弁護士- THE MOVIE』(松竹)が累計で動員164万人、興収21億円を突破した。
(提供:興行通信社)

過去ランキング

TOP