(C) 2018 IMAGINE Rights, LLC. All Rights Reserved.

『アイ・キャン・オンリー・イマジン 明日へつなぐ歌』映画鑑賞券を1組2名様にプレゼント!

応募期間10月3日(土)〜11月5日(木)

史上もっとも売れたクリスチャン・ソングが生まれた理由、その感動の実話がいま明かされる。

2001年にクリスチャン・ロックバンド“マーシーミー”が放った大ヒット曲“I Can Only Imagine”。ボーカルのバート・ミラードによって書かれたこの曲は、彼のさまざまな経験および父親への思いから書き上げられた1曲で、250万枚という音楽史に残る、そしてコンテンポラリー・クリスチャン・ソングとしては史上最も売れた曲となった。しかし、何百万人にも愛されているこの曲が、どのようにして生まれたのか、その驚くべき物語については今まで知られていなかった。本作はこの曲に隠された、まだ誰も知らない事実を描いた、感動の物語である。

2001年、MercyMehaは彼らのメジャー・デビュー・アルバム“Almost There(2001)からの2ndシングルとして”アイ・キャン・オンリー・イマジン“をリリース。リリース後、この曲は瞬く間にポップス、カントリー、コンテンポラリー・チャートで成功を収め、さらにはダブルプラチナムに認定された唯一のコンテンポラリー・クリスチャン・ソングになった。そしてその年のDoveアワードにおいて、最終週楽曲賞、最優秀作曲賞を受賞した。
人生の苦しみを乗り越えたバートの経験を基に作られたこの曲は、バート、そしてバンドによってあっという間に書き上げられたという。

11月13日よりヒューマン・トラスト・シネマ渋谷他、全国30館以上にて順次公開

■日本公開版エンディングテーマ曲を、LA在住のシンガーソングライターDedachiKentaが敬愛する小坂忠と担当した。
DedachiKenta 「アイ・キャン・オンリー・イマジン feat. 小坂忠 」

公式サイト

本作の公開を記念して『アイ・キャン・オンリー・イマジン 明日へつなぐ歌』映画鑑賞券を抽選で1組2名様にプレゼントします!

TOP