(C) 2018 epo-film,Glory Film

『17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン』劇場鑑賞券を15組30名様にプレゼント!

応募期間6月27日(土)〜7月19日(日)

第二次世界大戦前夜、激動のウィーンを舞台に、青年とフロイト教授の友情を描いたベストセラー小説待望の映画化!

ヒトラー率いるナチ・ドイツがドイツ国内の権力を掌握した1930年代。隣国のオーストリアにもその勢力は拡大し、抵抗も空しく1938年3月ドイツに併合される。 本作はそんな激動のオーストリア・ウィーンにやってきた17歳の青年フランツと、精神科医フロイト教授との出会いと友情、そして若き青年にとっての初めての恋と成長を幻想的な映像美と共に描いた物語。

原作はウィーン生まれの作家ローベルト・ゼーターラーの「キオスク」。2012年の発行以来ドイツで50万部を超える売り上げを記録したベストセラーに惚れ込んだプロデューサーが、ゼーターラーを口説き映画化にこぎ着けた。

主人公フランツの人生に大きな影響を与える人物として登場するのは、心理学の三大巨匠ともいわれる ジークムント・フロイト。本作に唯一登場する実在の人物で、ファンタジーになりかねない本作を現実につなぎ止め、この物語にリアリティ溢れる情緒をもたらしている。 この重要な役を演じたのは『ベルリン・天使の詩』『ヒトラー~最期の12日間~』の名優ブルーノ・ガンツ。遺作となった本作ではナチスによる抑圧や老いによる病に耐えながらも、若き友人の人生に華やかな彩りを添え、その成長を手助けする人生の師を見事に演じている。

7月24日(金) Bunkamura ル・シネマほか全国公開

本作の公開を記念して、『17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン』劇場鑑賞券を15組30名様にプレゼントします!

TOP