『ドキュメンタリー沖縄戦 知られざる悲しみの記憶』パンフレットを3名様にプレゼント!

応募期間6月2日(火)〜7月30日(木)

日本、唯一の地上戦が行われた沖縄戦。それを描いた映画やドラマは少ない。学校の授業でも駆け足で終わる。そのため多くの日本人は沖縄戦をほとんど知らない…。

日本軍の強制による集団自決が行われ、死に切れない子供を親が自ら手を下し殺すなど、「教育勅語」の教えの元戦われた沖縄戦とはどんなものだったか。その当時を知る体験者、専門家の証言を中心に、米軍が撮影した記録フィルムを交え紹介。上陸作戦から、戦闘終了までを描くドキュメンタリー。

監督は原発事故の悲劇を描いた劇映画「朝日のあたる家」(山本太郎出演)で話題となった太田隆文監督。ナレーションは、1945年にソ連軍が侵攻してきた満州で弾を受け、麻酔なしに弾を取り出したという体験を持つベテラン俳優の宝田明と、「青春ド真中!」などで女優として人気を博し、東洋大学大学院で書いた論文を元に『きのこ雲の下から、明日へ』を上梓した女優の斉藤とも子。

7月25日(土)より新宿K’s cinemaにてほか全国順次公開

本作の公開を記念して『ドキュメンタリー沖縄戦 知られざる悲しみの記憶』のパンフレットを3名様にプレゼントします!

TOP