空飛ぶタイヤ

(C)2018映画「空飛ぶタイヤ」製作委員会
2018年6月15日(金)公開
よく晴れた日の午後。1台のトラックが起こした事故により、1人の主婦が亡くなった。事故を起こした運送会社の社長・赤松徳郎は警察で信じられないことを聞く。走行中のトラックから突然タイヤが外れた、と。 整備不良を疑われ、世間やマスコミからバッシングをされる毎日の中、彼はトラックの構造そのものに欠陥があるのではないかと気づき、製造元のホープ自動車へ再調査を要求する。 ホープ自動車カスタマー戦略課課長・沢田悠太は、赤松の要求を疎ましく思いながらも、独自の調査を進めるにつれ、自社の大規模な“リコール隠し”という事実に突き当たる。過去にも起こったそれは、二度とあってはならないことだった。赤松は親から引き継いだ会社や社員、家族を守るため、何よりも自らの正義のため、大企業に戦いを挑む。 沢田は大企業にいるサラリーマンとしての自分と、正義との間で揺れ動く。 果たしてそれぞれの正義の先にあるものとはー?

ShareSNSでシェアしよう!

TOP