KANO 1931海の向こうの甲子園

(C)果子電影
1929年に誕生した日本人、台湾人(漢人)、台湾原住民による嘉義農林学校野球部が新任監督の近藤兵太郎を迎え、スパルタ式訓練で「甲子園進出」を目指すことになった。のんびりしたチームだった嘉農野球部<KANO>は、近藤の鬼のような特訓を1年間受けると、連敗続きの野球部員も勝利への強い意志が沸き、甲子園出場の夢を抱く。 そして、ついに1931年、台湾予選大会で連勝を続け、日本人のみの常勝チームであった台北商業を打ち負かし、南部の学校として初めて台湾代表大会での優勝。嘉農野球部<KANO>は台湾の代表チームとして日本への遠征へと赴く。 夏の甲子園で戦った嘉義農林チーム<KANO>の、1球たりとも諦めない感動的なプレイが5万5千人の大観衆の心を掴む。嘉義農林<KANO>は台湾野球の歴史に大きな功績を残した。球児たちの恐れを知らず勇敢に自分に挑戦する姿は、ある意味真の勝利なのかもしれない。決勝戦で闘った彼らに、観客席から熱い声援「戦場の英雄…天下の嘉農…」が送られる。
公開日
2015年1月24日(土)
監督
マー・ジーシアン
脚本
ウェイ・ダーション チェン・チャウェイ
撮影
チン・ディンチャン
音楽
佐藤直紀
出演
永瀬正敏 坂井真紀 ツァオ・ヨウニン 大沢たかお 伊川東吾
製作年
2014
製作国
台湾
原題
KANO
上映時間
185
配給会社
ショウゲート

ShareSNSでシェアしよう!

TOP