許されざる者

(C)2013 Warner Entertainment Japan Inc.
男たちの覚悟が、女たちの意地が、感情の臨界点を超える。 舞台は1880年、北海道。主人公は、幕府軍の残党で、かつては〝人斬り十兵衛〟と恐れられた男。愛する妻と出会い、刀は棄てたはずだった。 しかし、妻亡き後、幼い子供たちと極貧の生活にさらされる日々のなか、昔の仲間が〝賞金首〟の話を持ってやって来る。客にずたずたに切り刻まれた女郎が、街を牛耳る暴力的な支配者に逆らって、自分たちで貯めた金を賞金に敵を討ってほしいと懇願しているというのだ。自分のためなら二度と手にすることのなかったはずの刀を、男は再び抜き放つ。それゆえに背負うことになる罪も、痛みも、孤独も、すべて黙って引き受けて。 子を思うとはかくも切ないものなのか。女たちの誇りとはかくも気高く残酷なものなのか。友を弔うとはかくも凄まじい所業なのか――。 強くもあり、弱くもあり、美しくもあり、醜くもある人間の、最後の祈りに、心が、震える。
公開日
2013年9月13日(金)
監督
李相日
脚本
李相日
撮影
笠松則通
音楽
岩代太郎
出演
渡辺謙 柄本明 佐藤浩市 柳楽優弥 忽那汐里 小池栄子 國村隼 近藤芳正 滝藤賢一 小澤征悦 三浦貴大
製作年
2013
製作国
日本
上映時間
135
INTRODUCTION
クリント・イーストウッド監督・主演の伝説的名作『許されざる者』は、第65回アカデミー賞で9部門にノミネートされ、最優秀作品賞をはじめ4部門を受賞した。映画史に残る最高傑作が、新しく日本映画となって再生する!監督は、『悪人』『フラガール』の李 相日。 渡辺謙、柄本明、佐藤浩市など日本を代表する俳優陣がキャスティングされた本策は、人生の一本ともいうべき映画。そんな出会いさえ予感させる世界の日本映画が、いまここから誕生しようとしている。
STORY
舞台は1880年、北海道。主人公は、幕府軍の残党で、かつては〝人斬り十兵衛〟と恐れられた男。愛する妻と出会い、刀は棄てたはずだった。しかし、妻亡き後、幼い子供たちと極貧の生活にさらされる日々のなか、昔の仲間が〝賞金首〟の話を持ってやって来る。自分のためなら二度と手にすることのなかったはずの刀を、男は再び抜き放つ。
CASTING
●渡辺 謙 1959年10月21日生まれ。新潟県出身。主な出演作は、「ラヂオの時間」(97)、「千年の恋 ひかる源氏物語」(01)、「陽はまた昇る」(02)、「ラスト サムライ」(03)、「北の零年」(04)、「バットマン ビギンズ」「SAYURI」「明日の記憶」(05)、「硫黄島からの手紙」(06)、「ダレン・シャン」(09)、「インセプション」「シャンハイ」(10)、「はやぶさ 遥かなる帰還 」(12)など。 ●柄本 明 1948年11月3日生まれ。東京都出身。主な出演は、「アナザヘヴン」(00)、「陰陽師 ~おんみょうじ~」(01)、「仔犬ダンの物語」(02)、「さよなら、クロ」(03)、「恋は五・七・五!」(04)、「嫌われ松子の一生」(06)、「世界で一番美しい夜」(07)、「ぐるりのこと。」(08)、「余命1ヶ月の花嫁」(09)、「雷桜」(10)、「アントキノイノチ」(11)、「きいろいゾウ」(12)、「利休にたずねよ」(13)など。 ●忽那汐里 1992年12月22日生まれ。オーストラリア出身。主な出演作は、「守護天使」(09)、「ちょんまげぷりん」(10)、「マイ・バック・ページ」(11)、「ワーキング・ホリデー」「つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語」(12)、「ペタル ダンス 」(13)など。 ●小池栄子 1980年11月20日生まれ。東京都出身。主な出演作は、「サムライガール21」(01)、「恋愛寫眞 Collage of Our Life」(03)、「下妻物語」(04)、「真夜中の弥次さん喜多さん」(05)、「男はソレを我慢できない」(06)、「パコと魔法の絵本」(08)、「人間失格」(09)、「八日目の蝉」(11)、「北のカナリアたち」(12)、「草原の椅子」(13)など。
映倫
10
配給会社
ワーナー・ブラザース映画

ShareSNSでシェアしよう!

TOP