凶悪

(C)2013「凶悪」製作委員会
ベストセラー・ノンフィクション『凶悪 -ある死刑囚の告発-』を映画化。 「明朝24」編集部に突如舞い込んだ、とある死刑囚からの一通の手紙。そこには、驚愕の内容が記されていた。「自分が犯した事件の他に、数々の殺人事件が存在している。さらに、“先生”と呼ばれる事件の首謀者はまだ娑婆にいる―。」果たして、死刑囚の言葉は真実なのか?“先生”とは何者なのか?事件の真相を追い求めるジャーナリスト・藤井が辿りつく先に待つものとは…。
公開日
2013年9月21日(土)
監督
白石和彌
脚本
高橋泉 白石和彌 新潮45編集部編
撮影
今井孝博
音楽
安川午朗
出演
山田孝之 ピエール瀧 池脇千鶴 リリー・フランキー 白川和子 吉村実子 小林且弥 米村亮太朗 松岡依都美 ジジ・ぶぅ 外波山文明 廣末哲万 九十九一
製作年
2013
製作国
日本
上映時間
128
INTRODUCTION
人間はどこまで凶悪になれるのか。張り詰めた緊張感が支配する、比類なき極限のドラマが幕を開ける。主人公のジャーナリスト・藤井を演じるのは日本映画界の若手を代表する 山田孝之。邪悪な魂に近づくことで、少しずつ狂気に感染してゆく藤井の変貌を鬼気せまる迫力で演じ切ている。死刑囚・須藤役には、電気グルーヴのメンバーとして人気を博すピエール瀧。ドラマの鍵となる“先生”にはリリー・フランキー。良き家庭人の仮面の下に隠された、狡猾な殺人者の顔を巧みに演じ分けてみせる。そのほか、池脇千鶴、白川和子、吉村実子らのベテラン女優に加え、小林且弥、斉藤悠、廣末哲万らが脇を固める。監督は、『ロストパラダイス・イン・トーキョー』で注目を浴びた白石和彌が務めている。
STORY
史上最悪の凶悪事件。その真相とは?「明朝24」編集部に突如舞い込んだ、とある死刑囚からの一通の手紙。そこには驚愕の内容が記されていた。「自らが犯した事件には、他にも数々の余罪事件が存在している。さらに、”先生”と呼ばれる一連の事件の首謀者はまだ娑婆にいる―。」果たして、死刑囚の言葉は真実なのか?罠なのか?”先生”とは何者なのか?事件にとりつかれたかのように真相を求める雑誌記者・藤井が辿りつく先に待つものとは?そこには、身も凍る真実が潜んでいた。
CASTING
●山田孝之 1983年10月20日生まれ。鹿児島県出身。主な出演作は、「ドラゴンヘッド」(03)、「電車男 」(05)、「手紙」(06)、「そのときは彼によろしく」「舞妓 Haaaan!!!」「クローズZERO」(07)、「イキガミ」(08)、「クローズZERO II」(09)、「シーサイドモーテル」(10)、「アンフェア the answer」(11)、「悪の教典」(12)、「らくごえいが」(13)など。 ●ピエール瀧 1967年4月8日生まれ。静岡県出身。主な出演作は、「RED SHADOW 赤影」(01)、「ローレライ」(05)、「ALWAYS 三丁目の夕日」(05)、「ゆれる」(06)、「恋するマドリ」(07)、「ブタがいた教室」(08)、「わたし出すわ」(09)、「モテキ」(11)、「はやぶさ 遥かなる帰還」(12)など。 ●池脇千鶴 1981年11月21日生まれ。大阪府出身。主な出演作は、「化粧師 KEWAISHI」(01)、「ジョゼと虎と魚たち」(03)、「誰がために」(05)、「ストロベリーショートケイクス」(06)、「音符と昆布」(07)、「犬と私の10の約束」「20世紀少年」(08)、「必死剣 鳥刺し」(10)、「うさぎドロップ」(11)、「舟を編む」「潔く柔く きよくやわく」(13)など。 ●リリー・フランキー 1963年11月4日生まれ。福岡県出身。主な出演作は、「盲獣VS一寸法師」(01)、「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」(07)、「ぐるりのこと。」「容疑者Xの献身」(08)、「ボーイズ・オン・ザ・ラン」(09)、「モテキ」(11)、「きいろいゾウ」(12)、「そして父になる」(13)など。
映倫
20
配給会社
日活

ShareSNSでシェアしよう!

TOP