ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ

(C)ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ製作委員会
2008年1月19日(土)公開
山本陽介は普通の高校生。ある日、彼の前に制服の美少女、雪崎絵里が現れた。そこに、チェーンソーを振り回す不死身の男が襲いかってきた。絵里はナイフを投げ、それはチェーンソー男の心臓に命中したはずだが、その男は空の彼方に飛んで消えていった。絵里は、「邪魔しないで!」と陽介に怒りをぶつける。陽介は、寮に帰って親友の渡辺にその事を話すが、全く取り合ってくれない。翌日、絵里に戦いを手伝わせてくれと頼み、絵里も承諾する。こうして2人は、不死身のチェーンソー男との戦いに没頭していくのだった。チェーンソー男が現れるまでは、二人は図書館で勉強して過ごす。そんなある日、陽介は札幌に転校することになった。その事を絵里に告げた日から、チェーンソー男の力は倍増する。これからは絵里を助けることが出来ないから、戦いを止めるように言うが、絵里は聞かない。陽介は、絵里が両親と弟を事故で亡くし、一人暮らしをしていると知る。チェーンソー男が初めて現れたのは、葬式の帰り道だったと絵里は言う。陽介は再びチェーンソー男と戦うことを決意。絵里の家は向かうが、彼女は決闘に一人で出かけたらしい。果たして、この戦いはどうなるのか。この戦いの目的な何なのか。
公開日
2008年1月19日(土)
監督
北村拓司
脚本
小林弘利 滝本竜彦
撮影
小林元
音楽
高橋哲也
出演
市原隼人 関めぐみ 浅利陽介 三浦春馬 野波麻帆 板尾創路
製作年
2007
製作国
日本
上映時間
109
INTRODUCTION
ナイフを持ってチェーンソー男と戦う彼女と出会った。チェーンソーを振り回す不死身の男と制服の美少女・絵理との激しいバトル!一体コイツらは何なんだ?原作は、滝本竜彦のデビュー作で、単行本5万部、文庫本15万部を記録し、第5回角川学園小説大賞を受賞した同名小説。監督はCM界で活躍し、本作で映画監督デビューを果たした北村拓司が務めている。出演は「ウォーターボーイズ2」「チェケラッチョ」の市原隼人、「アヒルと鴨のコインロッカー」の関めぐみ、「恋空」の三浦春馬、「ALWAYS続・三丁目の夕日」の浅利陽介など注目の若手俳優がリアルに演じている。脚本は「雨鱒の川」の小林弘利、撮影は「イン・ザ・プール」の小林元が担当。また、主題歌は、「愛唄」で大ブレイクしたGReeeNが担当し爽やかなエンディングを演出している。
STORY
山本陽介は普通の高校生。ある日、彼の前に制服の美少女、雪崎絵里が現れた。そこに、チェーンソーを振り回す不死身の男が襲いかってきた。絵里はナイフを投げ、それはチェーンソー男の心臓に命中したはずだが、その男は空の彼方に飛んで消えていった。絵里は、「邪魔しないで!」と陽介に怒りをぶつける。陽介は、寮に帰って親友の渡辺にその事を話すが、全く取り合ってくれない。翌日、絵里に戦いを手伝わせてくれと頼み、絵里も承諾する。こうして2人は、不死身のチェーンソー男との戦いに没頭していくのだった。チェーンソー男が現れるまでは、二人は図書館で勉強して過ごす。そんなある日、陽介は札幌に転校することになった。その事を絵里に告げた日から、チェーンソー男の力は倍増する。これからは絵里を助けることが出来ないから、戦いを止めるように言うが、絵里は聞かない。陽介は、絵里が両親と弟を事故で亡くし、一人暮らしをしていると知る。チェーンソー男が初めて現れたのは、葬式の帰り道だったと絵里は言う。陽介は再びチェーンソー男と戦うことを決意。絵里の家は向かうが、彼女は決闘に一人で出かけたらしい。果たして、この戦いはどうなるのか。この戦いの目的な何なのか。
CASTING
●市原隼人 1987年2月6日生まれ。神奈川県出身。01年「リリイ・シュシュのすべて」で映画デビュー。03年「偶然にも最悪な少年」で日本アカデミー賞新人賞受賞。主な出演作は、ドラマ/「ウォーターボーイズ2」「あいくるしい」、映画/「虹の女神 Rainbow song 」「天使の卵」「チェケラッチョ!!」(06)など。 ●関めぐみ 1985年9月20日生まれ。神奈川県出身。05年「恋は五・七・五」で主演デビュー。主な出演作は「ハチミツとクローバー」(06)「アヒルと鴨のコインロッカー」「包帯クラブ」「彩恋」「未来予想図」(07)など。 ●浅利陽介 1987年8月14日生まれ。東京都出身。主な出演作は「ドラマ/「キッズ・ウォー」「新撰組!」「タイガー&ドラゴン」、映画/「いま、会いにゆきます」(04)、「AKWAYS続・三丁目の夕日」(07)など。 ●三浦春馬 1990年4月5日生まれ。主な出演作は、ドラマ/「「ファイト」「いま、会いにゆきます」「14才の母」「アンフェア」、映画/「恋空」(07)など。
配給会社
日活

ShareSNSでシェアしよう!

TOP