やじきた道中 てれすこ

(C)「てれすこ」講中
2007年11月10日(土)公開
江戸時代前期、「てれすこ」と呼ばれる不思議な生き物が、大阪で捕獲され、人々の話題を集めていた。江戸では、品川の遊廓「島崎」のお喜乃が、売れっ子花魁となっていた。お喜乃は、自分に思いを寄せる新粉細工職人の弥次さんに、本物そっくりの指を新粉でつくらせる。それをお客に「想いの深さを示す切指」だと偽って渡し、金をせしめていた。一方、売れない歌舞伎役者の喜多さんは、ようやく「仮名手本忠臣蔵」の立ち役に抜擢され、張り切っている。ところが、舞台では一番の見せどころで大失態を演じてしまった。落胆のあまり、首をくくろうとするのだった。その頃、お喜乃は弥次さんに、沼津で病に臥している父親に会いたいと言い、一緒に遊廓を逃げ出すことを頼む。その部屋の外では、喜多さんが首を吊っている最中だった。ここで、幼馴染みである弥次さんと喜多さんが再会するのであった。思い直した喜多さんは、弥次さんとのお喜乃の沼津行きに同行することになった。こうして、珍道中は続く。
公開日
2007年11月10日(土)
監督
平山秀幸
脚本
安倍照雄
撮影
柴崎幸三
音楽
安川午朗
出演
十八代目中村勘三郎 柄本明 小泉今日子 ラサール石井 笑福亭松之助 淡路恵子 間寛平 松重豊 山本浩司 吉川晃司 鈴木蘭々 ほしのあき 藤山直美 國村隼 笹野高史
製作年
2007
製作国
日本
上映時間
108
INTRODUCTION
これまで数多くの映画や芝居などで扱われてきた、「弥次さん喜多さん」。本作では、中村勘三郎と柄本明のコンビと、小泉今日子が笑いあり涙ありの人情ドラマを繰り広げる。弥次さんを演じるのは、十八代目中村勘三郎。純情で人のいい弥次さんを好演している。喜多さんには、名優・柄本明。歌舞伎役者で酒乱というユニークな役を魅力的に演じている。また、ヒロインの花魁には、数々の映画出演で演技が絶賛されている小泉今日子。ほか、ラサール石井、淡路恵子、間寛平、重松豊、吉川浩司、藤山直美、笹野高史など実力派が登場する。監督は、「愛を乞う人」で日本アカデミー賞ほか多数受賞した平山秀幸が務めている。脚本は、「のど自慢」「手紙」の阿倍照雄。撮影は「学校の怪談」「愛を乞う人」の柴崎幸三。そして、音楽は「どろろ」「しゃべれども しゃべれども」など平山監督作品を多く手掛ける安川午朗が担当している。
STORY
江戸時代前期、「てれすこ」と呼ばれる不思議な生き物が、大阪で捕獲され、人々の話題を集めていた。江戸では、品川の遊廓「島崎」のお喜乃が、売れっ子花魁となっていた。お喜乃は、自分に思いを寄せる新粉細工職人の弥次さんに、本物そっくりの指を新粉でつくらせる。それをお客に「想いの深さを示す切指」だと偽って渡し、金をせしめていた。一方、売れない歌舞伎役者の喜多さんは、ようやく「仮名手本忠臣蔵」の立ち役に抜擢され、張り切っている。ところが、舞台では一番の見せどころで大失態を演じてしまった。落胆のあまり、首をくくろうとするのだった。その頃、お喜乃は弥次さんに、沼津で病に臥している父親に会いたいと言い、一緒に遊廓を逃げ出すことを頼む。その部屋の外では、喜多さんが首を吊っている最中だった。ここで、幼馴染みである弥次さんと喜多さんが再会するのであった。思い直した喜多さんは、弥次さんとのお喜乃の沼津行きに同行することになった。こうして、珍道中は続く。
CASTING
●中村勘三郎 1955年5月30日生まれ。東京都出身。05年に十八代目中村勘三郎襲名。「コクーン歌舞伎」「平成中村座」など革新的な舞台を挑み続ける。 ●柄本明 1948年11月3日生まれ。東京都出身。76年東京乾電池を結成し舞台で活躍。主な出演作は、「うなぎ」(97)、「カンゾー先生」(98)など。 ●小泉今日子 1966年2月4日生まれ。神奈川県出身。主な出演作は、「風花」(00)、「空中庭園」(05)など。 ●ラサール石井 1955年10月19日生まれ。大阪府出身。主な出演作は、「ゲロッパ!」(03)、「パッチギ!Love&Peace」(07)など。 ●笑福亭松之助 1925年8月6日生まれ。兵庫県出身。上方落語の重鎮。主な出演作は「学校の怪談4」(99)、「蛇イチゴ」(03)、「機関車先生」(04)など。 ●淡路恵子 1933年7月17日生まれ。東京都出身。主な出演作は、「下町」(57)、「油断大敵」(03)など。 ●松重豊 1963年1月19日生まれ。福岡県出身。主な出演作は、「血と骨」(04)、「しゃべれども しゃべれども」(07)など。 ●國村 隼 1955年生まれ。大阪府出身。主な出演作は、「萌の朱雀」(97)、「KILL BILL Vol.1」など。
映倫
99
配給会社
松竹

ShareSNSでシェアしよう!

TOP