海猫

(C)2004『海猫』製作委員会
野田薫はロシア人の父を持つ、透き通るような白い肌の美しい娘。薫は、その生い立ちや、人目を引く美貌ゆえに、函館での生活に違和感と息苦しさを感じていた。ある日、薫は勤め先の信用金庫で赤木邦一に出会う。武骨でまっすぐな人柄と、街の人間にはない逞しさに惹かれ、彼のもとに嫁ぐのだった。漁村・南茅部の漁師の家。潮の匂いに満ちた浜の暮らしが始まった。夫婦2人で小さな舟に乗り、昆布漁で生計をたてる。漁師の生活に溶け込もうとし、薫は同時に女としての性の喜びにも目覚めていく。やがて夫婦には娘・美輝が生まれ順風の暮らしが続くかに見えた。しかし、邦一が怪我で入院した函館の病院の看護師・啓子に心を揺らせた。また、邦一は薫の体の奥に”何か”を感じ取り、どこか噛み合わなくなった。そんな時、薫は美輝の出生時に偶然故郷に帰っていた広次に想いを深くする。やがて、二人は運命ともいえる一夜をともにするのだった。一度きりの禁断の夜から1年後、2人目の子供・美哉が誕生した。もう、後戻りのできない歯車が大きく回りはじめた。薫と3人の愛は、激しくも切ない結末に向かっていく。
公開日
2004年11月13日(土)
監督
森田芳光
脚本
筒井ともみ 谷村志穂
撮影
石山稔
音楽
大島ミチル MISIA
出演
伊東美咲 仲村トオル 美村里江 深水元基 角田ともみ 三田佳子 蒼井優 鳥羽潤 小島聖 白石加代子 佐藤浩市
製作年
2004
製作国
日本
上映時間
129
INTRODUCTION
話題を独占した衝撃作「失楽園」から7年。森田芳光監督が新たに挑んだ、究極の愛の形が本作だ。原作は「結婚しないかもしれない症候群」で注目を集め、郷里・北海道を舞台に自らの原風景を織り込んだ本作『海猫』で、第10回島清恋愛文学賞を受賞した谷村志穂。ヒロインは清楚な雰囲気と眩しいほどの輝きで、ドラマやCM若い女性たちから熱い支持を集める伊東美咲が演じる。夫・邦一役は技巧派・佐藤浩市、広次役には、アジア映画界や舞台に活躍の場を広げる仲村トオル。薫の母・タミには女優としての深みで魅せるベテラン三田佳子。さらに、薫の娘・美輝役には、月9ドラマ『ビギナー』でヒロインに大抜擢された個性派・ミムラが熱演している。監督森田芳光は、『それから』『失楽園』『阿修羅のごとく』を世に送り出し、その繊細で独自の映像スタイルは定評がある。
STORY
野田薫はロシア人の父を持つ、透き通るような白い肌の美しい娘。薫は、その生い立ちや、人目を引く美貌ゆえに、函館での生活に違和感と息苦しさを感じていた。ある日、薫は勤め先の信用金庫で赤木邦一に出会う。武骨でまっすぐな人柄と、街の人間にはない逞しさに惹かれ、彼のもとに嫁ぐのだった。漁村・南茅部の漁師の家。潮の匂いに満ちた浜の暮らしが始まった。夫婦2人で小さな舟に乗り、昆布漁で生計をたてる。漁師の生活に溶け込もうとし、薫は同時に女としての性の喜びにも目覚めていく。やがて夫婦には娘・美輝が生まれ順風の暮らしが続くかに見えた。しかし、邦一が怪我で入院した函館の病院の看護師・啓子に心を揺らせた。また、邦一は薫の体の奥に”何か”を感じ取り、どこか噛み合わなくなった。そんな時、薫は美輝の出生時に偶然故郷に帰っていた広次に想いを深くする。やがて、二人は運命ともいえる一夜をともにするのだった。一度きりの禁断の夜から1年後、2人目の子供・美哉が誕生した。もう、後戻りのできない歯車が大きく回りはじめた。薫と3人の愛は、激しくも切ない結末に向かっていく。
CASTING
●伊東美咲 1977年生まれ。福島県出身。00年フジテレビドラマ『らぶ・ちゃっと』で主演デビュー。爽やかな魅力で、TVCMにも多数出演、02年森田芳光監督作品『模倣犯』で映画デビューし、03年『呪怨』、『黄泉がえり』等で活躍。 ●佐藤浩市 1960年生まれ。東京都出身。1980年『続・続事件 月の景色』でデビュー。81年『青春の門』でブルーリボン賞新人賞を受賞。『忠臣蔵外伝 四谷怪談』で日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞。『KT』ではブルーリボン賞最優秀主演男優賞受賞。『壬生義士伝』では、日本アカデミー賞最優秀助演男優賞を受賞。 ●仲村トオル 1965年生まれ。東京都出身。85年映画『ビー・バップ・ハイスクール』で主演デビュー。『悲しい色やねん』で森田監督作品に主演。韓国映画『ロスト・メモリーズ』で第39回大鐘映画祭助演男優賞を受賞。 ●ミムラ 1984年生まれ。埼玉県出身。03年TVドラマ『ビギナー』の主演に大抜擢される。以後、『ファイアーボーイズ~め組の大吾~』、『離婚弁護士』『めだか』に出演。 ●角田ともみ 1977年生まれ。神奈川県出身。94年ユニチカキャンペーンガール以降、TVドラマ『ギフト』や『新・お水の花道』に出演。森田芳光監督作品では『黒い家』、『模倣犯』に出演。 ●三田佳子 1941年生まれ。大阪府出身。1960年『殺れてたまるか』で、映画デビュー。近年の代表作に『Wの悲劇』、『別れぬ理由』、『極道の妻たち 三代目姐』、『遠き落日』等がある。日本アカデミー賞最優秀主演女優賞をはじめ、ブルーリボン賞、田中絹代賞などの受賞歴も数多い。
配給会社
東映

ShareSNSでシェアしよう!

TOP