パウロ 愛と赦しの物語

2018年11月3日(土)公開
紀元67年、ローマの街を大火事が襲った。皇帝ネロはキリスト教徒による放火とし、首謀者はタルソのサウロ(別の名をパウロ)として彼を逮捕した。牢獄に入れられたパウロのもとを仲間である医者ルカが訪ねる。ルカはパウロの言葉を人々に伝えるために書き記していく。ネロの迫害は激しさを増す一方だったが、パウロはアキラとプリスカの夫婦にかくまわれているキリスト教徒たちに、暴力ではなく愛をもって戦うことを伝える。だが血気にはやった彼らは剣を取ってローマ軍に立ち向かおうとする。使徒となる前のパウロは、キリスト教徒たちを迫害する側の人間だった。回心前の自分が殺めた人々の夢を見て、うなされるパウロ。彼はなぜキリストの弟子になったのか?一方、パウロを迫害する獄舎の長官マウリティウスの娘が瀕死の病となり、頼みの綱はルカだけだったが…。捕らえられ、殉教していった弟子たちに続き、パウロにも運命の時が迫る。弟子テモテに最期の手紙を書くパウロの心境は?そして娘の運命は?
公開日
2018年11月3日(土)
監督
アンドリュー・ハイアット
脚本
アンドリュー・ハイアット
製作
T.J. バーデン デヴィッド・ゼロン
音楽
ヤン・A・P・カチュマレク
出演
ジム・カヴイーゼル ジェームズ・フォークナー オリヴィエ・マルティネス
原題
Paul, Apostle of Christ
配給会社
ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

ShareSNSでシェアしよう!

TOP