『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』吹き替え版キャスト決定!!モンスターに負けず劣らずのゴジラ級豪華俳優陣が参戦!

(C)2019 Legendary and Warner Bros. Pictures. All Rights Reserved.
4月19日(金)

ゴジラが誕生して65年。日本発、ハリウッド製作の世界最大級の超大作『GODZILLA ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』の日本語吹き替え版キャストに、芦田愛菜、木村佳乃、田中圭が決定した。

エマとマークの学者の両親も持つ娘で落ち着きがあり大人びている少女・マディソン役には、ミリー・ボビー・ブラウンと同い年の芦田愛菜。まるで彼女にシンクロしたかのように演じる。

元モナークの幹部で、純古生物学者。マディソンの母親であり、マークの元妻のエマ・ラッセル役には木村佳乃。物語の鍵を握り学者であり母親でもある重要な役所を好演している。

吹き替えに初挑戦という田中圭は実年齢がかなり離れたマディソンの父親でありエマの元夫役。コロラドで生活する動物学者で特務機関モナークに協力を要請される。家族と世界を守ろうとする役を演じ切った。この3人の家族が世界の危機の状況下で、愛する人を守る為に行動する姿を描いた家族ドラマは本作の見所♪

マイケル・ドハティ監督がエレガントで真の女神をイメージしたモスラ、火山の溶岩にも耐えられるような強靭な体を持ったラドンや、空中では如何なる敵も敵わないという強力さを持つキングギドラが初めてハリウッド版に登場。そして、その怪獣たちと世界の覇権をかけてたたかうゴジラが、今までのゴジラ映画史上最高の迫力を以って表現されています!ゴジラとキングギドラが対峙するシーンは圧巻の一言!まさに“王(キング)の覚醒”を描き、ハリウッドならではのスケール感を存分に堪能できる作品となっている。

5月31日世界同時公開!!

ShareSNSでシェアしよう!

作品紹介

関連するシネマNEWS

TOP