『メン・イン・ブラック:インターナショナル』祝!還暦。2度のアカデミー賞に輝く <デイム>エマ・トンプソン60歳に! SFエンタテイメント作品でもさすがの品格!

4月15日(月)

『ハワーズ・エンド』でアカデミー主演女優賞を、『いつか晴れた日に』ではアカデミー脚色賞を受賞している、イギリスを代表する女優で脚本家でもあるエマ・トンプソン。2度のアカデミー賞に輝きながらも、多数のエンタテインメント作品にも出演し続けている。2018年には男性のナイトにあたるデイムの称号を与えられた。そんな彼女が4月15日、60歳の誕生日を迎えた。

ブラック・スーツとサングラスに身を包み、地球上に生息するエイリアンが犯罪や侵略行為を行わないように監視・取り締まりを任務とする最高機密機関「メン・イン・ブラック」(MIB)。スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮を務め1997年から2012年までウィル・スミスとトミー・リー・ジョーンズのタッグで3作品が製作・公開され、いずれも興行収入30億を超える超大ヒットを記録!
その人気SFアクションシリーズ待望の最新作『メン・イン・ブラック:インターナショナル』が、日米同時公開される!クリス・ヘムズワースとテッサ・トンプソンが新しいチームを組む本作で『メン・イン・ブラック3』に続き再登場となるエージェントOをエマ・トンプソンは演じている。

MIBニューヨーク本部を率いるOは、組織内に不審な動きを感じ、「ロンドンで問題発生よ」とイギリスへ新人エージェントMを送り込む――。新しいMIBシリーズへの橋渡しとなる重要な役を演じるエマ。

60歳になってもその輝きは衰えず、美しい銀髪のショートカットで存在感を見せている。物語がどういう展開を見せるのか期待の幕開けだ。

6月14日(金)日米同時公開!全国ロードショー!

ShareSNSでシェアしよう!

作品紹介

関連するシネマNEWS

TOP