ドラマに引き続き…『コンフィデンスマンJP』主題歌はOfficial髭男dismに決定!

©2019「コンフィデンスマンJP」製作委員会
3月12日(火)

2018年4月期の月9、人気ドラマの映画化『コンフィデンスマンJP』の主題歌をドラマに引き続き、4人組ピアノPOPバンドOfficial髭男dismが歌うことが決定した!

インディーズアーティスト(当時)として初の”月9”ドラマ主題歌への起用となった同グループ、彼らとしては初の映画主題歌を担当する。
7月には自身初となる日本武道館公演が決定し、バンドの飛躍を経て再び作品とのコラボレーションとなる、Official髭男dismは「苦悩と幸せが澄んだ色で広がっていく、そんな不思議で綺麗な曲が映画『コンフィデンスマンJP』とのコラボで生まれた事が本当に嬉しいです。」とコメント。映画に向けて描き下ろされた新曲「Pretender」は、ヒゲダンらしいメロディセンスが輝くミディアムナンバーに仕上がっている。

さらに、その主題歌を使用した最新予告映像も解禁!エモーショナルな新曲をバックに、ドラマでは見ることのできなかったダー子の秘めた恋心とボクちゃんやジェシー(三浦春馬)の溢れ出る想いが交錯し、今まで多くの人を騙してきた天才詐欺師たちでさえも欺くことのできない“愛”に苦悩する姿が描かれている。

登場人物たちの緊迫感あふれるセリフと表情が畳み掛け、もはや映像で流れている数々の場面の、“何が嘘で何が本当”なのか、観るものに問いかけるような予告編が完成した。

『コンフィデンスマンJP ーロマンス編ー』 予告②【

5月17日(金) あなたは絶対ダマされる・・・!?


ShareSNSでシェアしよう!

作品紹介

関連するシネマNEWS

TOP