おぞましい狂気の儀式が始まる!『呪餐 悪魔の奴隷』ポスタービジュアルと特報映像が解禁!

(C)2022 Rapi Films
1月24日(火)

本国で640万人を突破し、インドネシア歴代興行収入第3位を記録。インドネシアアカデミー賞7部門ノミネートを始め、世界各国の国際映画祭で物議を醸しだした大ヒットホラー『呪餐 悪魔の奴隷』より、ポスタービジュアルと特報映像が到着した。

1980年代に、イスラム教圏で最も恐いホラー映画として話題を集めたインドネシア映画『夜霧のジョギジョギモンスター』。その舞台を現代に移してリメイクし、2017年インドネシア国産映画観客動員数1位を記録(420万人)した『悪魔の奴隷』。本作は、その『悪魔の奴隷』から4年後が舞台となり、主人公のリニ一家を再び襲う恐怖を描いたホラー作品。東南アジアで初のIMAX撮影された本作は、釜山国際映画祭をはじめ各国の映画祭に出品。本国では640万人を突破し、インドネシア国産映画歴代興行収入3位の歴史的大ヒットとなった。『呪詛』『女神の継承』『哭悲/The Sadness』など、様々なプラットフォームでスマッシュヒットを連発するアジア発のホラー作品に、新たなる恐怖が刻まれる。


ポスターは、何者かが召喚された瞬間を切り取ったような不気味すぎる雰囲気が目に飛び込み、その下には、血だらけの布にくるまれ、土下座をしたまま縛られ、生きているのか死んでいるのか定かではない人間たちが綺麗に並べられ、「おぞましき狂気の儀式が始まる」とキャッチコピーが配される。思わず目を逸らしてしまいたくなるほど恐ろしいポスタービジュアルが完成した。

『呪餐 悪魔の奴隷』特報

特報映像では、嵐で孤立し、遺体がそこら中に転がり、まさに巨大な墓石と化したアパートで開かれるおぞましい儀式の一端を垣間見ることができる。

2月17日(金)より、全国ロードショー

ShareSNSでシェアしよう!

作品紹介

関連するシネマNEWS

TOP