チョン・ウが野獣のごとく暴れまわり新境地切り開く!傑作ノワール小説の映画化『野獣の血』予告映像&場面写真が到着!

(C) 2022 KidariStudio, Inc. & WHALE PICTURES. All Rights Reserved.
12月1日(木)

韓国初登場第1位。主演にチョン・ウを迎え、ベストセラー作家チョン・ミョングァンの監督デビュー作で、極道たちの壮絶な末路を描く、傑作ノワール小説を映画化した、韓国サスペンス最新作『野獣の血』より、予告映像&場面写真が解禁された。

1993 年。韓国最大の港湾都市・釜山の片隅。この小さな港でさえ、利権を巡りヤクザたちが睨み合う。昨日まで友だったのに、今日は敵になっている。昨日まで笑っていたのに、今日は殺されている。暴力と欲望が渦巻く街で、生き残るためには―。


本作は、ベストセラー作家チョン・ミョングァンの監督デビュー作。原作は、著書「設計者」「キャビネット」翻訳版が日本でも出版されている作家キム・オンスの傑作ノワール小説。主演はチョン・ウ。『善惡の刃』『偽りの隣人 ある諜報員の告白』等で人間味の溢れる役を好演。主演作の NETFLIX ドラマ「模範家族」が世界配信中。その他、『箪笥』『殺人の疑惑』等のベテラン俳優キム・ガプス、NETFLIX ドラマ「悪霊狩猟団:カウンターズ」で知名度急上昇のイ・ホンネ等が脇を固める。


到着した予告編は、裏社会で生きるヒス(チョン・ウ)が、血で血を洗う激しい抗争の中に身を投じ、野獣となっていくさまを、韓国ノワールの真骨頂とも言える容赦ない描写で描き出す。

『野獣の血』予告編

世界のどん底と言われる港町の裏社会でわずかな利権を持つボスの元でヤクザとして生きるヒス。恋人と一緒に街を抜け出したい彼が街の利権を狙うヨンド派の登場によって、逃れられない修羅の道へと突き進み、欲望渦巻く港町で“野獣”のごとく暴れまわるさまは圧巻!人間味あふれるキャラクターを演じることが多かったチョン・ウが新境地を切り開き、これまでのイメージとのギャップに驚かされる。

併せて公開された場面写真も、命を奪い合う男たちの殺伐とした雰囲気や、緊張感張り詰めた空気感を閉じ込めたものばかり。


1990年の盧泰愚(ノ・テウ)大統領による犯罪組織一掃政策「犯罪との戦争」を背景に、裏社会のさらに奥の深い闇の世界に生きるヤクザたちを描き、韓国での劇場公開時に初登場 1 位を記録した本作。激動の時代に翻弄され野獣のように狂っていく男たちの壮絶な末路がスクリーンに焼き付けられ、韓国ノワールの新たなる傑作がここに誕生した。


2023年1月20日(金)より、全国ロードショー

ShareSNSでシェアしよう!

作品紹介

関連するシネマNEWS

TOP