海がつなぐ新たな物語―家族の愛と絆が心震わす『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』全人類待望の本予告編解禁!

(C) 2022 20th Century Studios. All Rights Reserved.
11月3日(木)

全世界歴代興行収入第1位に輝き、それまでの映像界の常識を一変させた革命的超大作『アバター』(09)。映画の頂点を極めた巨匠ジェームズ・キャメロンが13年間心血を注いだシリーズ最新作『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』より本予告編が到着した。

今人類が体感することのできる人類史上最高の「映像体験」にこだわり抜いたジェームズ・キャメロン監督が生み出す本作。美しい海とそこに宿る生物たちの息吹、そして、神秘の星 パンドラの侵略を目論む人類と先住民ナヴィとの激しい戦いと心を揺さぶる感動のドラマが、人類史上最高の映像美でエモーショナルに描かれる。


予告編は、作品の舞台となる美しく真っ青なパンドラの海から始まる。海の深渕で見たこともない魚たちと戯れる様子からは、神秘的な海の拡がりがどこまでも続いているような壮大さが圧倒的なスケールを感じさせる。そこには、巨大なクジラのような不思議な生き物や、背中に乗って飛行できる生き物など、想像を超えるような驚きの生物が続々と登場。また、前作『アバター』で恋に落ちた主人公ジェイク・サリーと先住民ナヴィのネイティリが夫婦になり家族を作っていく様子も描かれ、パンドラの紡ぎ出す生命の尊さ、そしてナヴィと自然が心を通わし共存していることが伝わってくる。ジェイクとネイティリの子供たち、そして今作で初めて登場する“海の部族”のトノワリ家など、新たなキャラクターが描かれ物語はより一層広がっていく。前作でジェイクとネイティリが思いを交わす言葉として印象的だった「I see you.(あなたが見える)」という名セリフも登場し、あの感動のドラマを再び思い起こさせる。

『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』本予告編

しかし、予告編で描かれるのは美しい出来事ばかりではない。再びパンドラの侵略に訪れた人類の手によって木々が炎に包まれ、ロボットのような物体がパンドラを駆け回る様子など、人類の執拗な攻撃も描かれている。サリー家とトノワリ家、2つの家族は果たして人類の侵略からパンドラを守ることができるのか…。予告のラストには、「水はすべてをつなぐ 生まれる前から 死んだ後も」という作品を象徴する印象深いセリフも。多くの命を育み、あらゆる生き物の架け橋となる海を舞台に、神秘の星パンドラ、そして愛する者たちを守るための壮絶な戦いと感動のドラマが今、始まる―。

ジェームズ・キャメロン監督はこれまで、『アビス』(89)『タイタニック』(97)で海を描き、『ジェームズ・キャメロンのタイタニックの秘密』(03)というドキュメンタリー映画をも製作、さらにスキューバダイバーとしても知られる。海をこよなく愛するキャメロン監督だからこそ描ける今人類が体感することのできる人類史上最高の目も心も奪われる「映像体験」が幕を開ける。

12月16日(金)全国劇場にて公開

ShareSNSでシェアしよう!

作品紹介

関連するシネマNEWS

TOP