最凶?最狂?全員ヤバい!! ぶっ飛んだ濃厚キャラがクセになる!『ヘルドッグス』キャラクター映像を解禁!

(C)2022「ヘルドッグス」製作委員会
8月4日(木)

究極のノンストップ・クライム・エンターテイメント『ヘルドッグス』より、岡田准一、坂口健太郎、松岡茉優、北村一輝、大竹しのぶにMIYAVIら豪華俳優陣が演じるキャラクター6人にスポットを当てたキャラクター映像が到着した。

主演・岡田准一、監督・脚本・原田眞人が『関ヶ原』、『燃えよ剣』に続き3作品目のタッグを組み、監督と俳優という関係を超えた信頼感で作品に魂を注入し作り上げた本作。闇落ちした元警官・兼高(岡田)は、愛する人が殺される事件を止められなかったというトラウマを抱え、復讐に燃える“狂犬”と化した最狂の男。独自の正義を貫き通す腕っぷしの強さを買われ、警察組織から関東最大のヤクザ組織 「東鞘会(とうしょうかい)」への潜入という危険なミッションを強要される。元警官らしく「罪は償ってもらう」と口にはするものの、その凶暴さと強さはヤクザ組織の中でもトップレベル!

『ヘルドッグス』キャラクター映像


そんな兼高と相性98%を誇るバディとなるのが凶暴&食いしん坊?手に負えないサイコボーイ・室岡(坂口健太郎)。興奮しながら銃を振りかざすイカれた様子を見せる室岡は、死刑囚の息子という境遇を持ち、心の奥底に深い闇を抱える危ない男。組織内でも誰も手が付けられない制御不能な男が唯一、心を許したのが兼高だ。潜入ミッションを遂行する兼高との運命は?「これってやりすぎ?」とその言葉を向けられる相手とは…?


妖艶な魅力を放つのは刺激がお好きなボスの愛人・恵美裏(松岡茉優)。背中にある美しい鳳凰のタトゥーが印象的。「おだまり」と男たちを一蹴する強気な姿勢と、兼高や室岡にも負けず劣らず、男勝りな生き様を貫く姉御肌な極道の女。その反面、優しい笑顔で魅力を振りまく愛嬌もあわせ持ち、東鞘会・神津組のボス・土岐を魅了する愛人だ。強かで肝の座った恵美裏は実は兼高とも恋仲に…?


人情と漢気を併せ持つ東鞘会・最高幹部の土岐(北村一輝)は、兼高と室岡のボスでもあり、二人を高く評価する一本筋の通った昔ながらのヤクザ者。東鞘会のTOPである会長秘書を務める熊沢、武闘派幹部の大前田と共に 「東鞘会三羽烏」の一人として組を支える、道を極めた漢の中の漢!


そんな危ない奴らを束ね、関東最大のヤクザ組織である東鞘会のトップに君臨するのが戦闘力最強!「東鞘会」会長の十朱(MIYAVI)。美しく聡明、華奢に見えても高い戦闘力を誇り、日本のみならずアジアへ勢力を伸ばすという野望を持った、かつてないインテリヤクザ。「闇の奥は深いぞ」と闇社会を知り尽くした十朱が見据える先にあるものとは…?


さらに、復讐の冷徹マッサージャー典子(大竹しのぶ)が、東鞘会に潜入する兼高へ、警察からの指示を受け渡す情報伝達係として暗躍する。表の顔は、兼高も常連の凄腕マッサージ師であり、その腕は「東鞘会」最高幹部の大前田からわざわざお声が掛かるほど。しかしその裏の顔は、東鞘会に息子を殺されて以来、復讐の刻を虎視眈々と狙い続ける強き母親。「素性がバレることはないね」と冷静さを欠かさず、猛者たちの動向を鋭い眼差しで監視する。

それぞれが様々な思惑を抱え、予想だにしない展開をみせていく本作。一筋縄ではいくはずもない、ぶっ飛んだ濃厚なキャラが暴れまわる姿は、観れば観るほどクセになり本編への期待が高まるばかり!今回解禁となった映像に加え、今後も続々と登場人物たちに焦点を当てたキャラクター映像を公開予定だ。

9月16日(金)全国公開

ShareSNSでシェアしよう!

作品紹介

関連するシネマNEWS

TOP