『バンブルビー』日本語版吹替キャストに土屋太鳳&志尊淳決定!!

(C)2018 Paramount Pictures. All Rights Reserved. HASBRO, TRANSFORMERS, and all related characters are trademarks of Hasbro. (C)2018 Hasbro. All Rights Reserved.
2月1日(金)

世界的大ヒットシリーズ『トランスフォーマー』。そのシリーズ最新作『バンブルビー』。日本語吹替版声優として土屋太鳳、志尊淳が起用されることが決定!土屋太鳳は本作がハリウッド実写映画の吹替声優初挑戦、志尊淳は吹替声優初挑戦となる。

土屋太鳳が演じるのは、“地球外生命体”バンブルビーが、地球に来て最初に出会った”最高の相棒”。傷ついたバンブルビーを廃品置き場で見つける、心に傷を抱えた少女・チャーリー(ヘイリー・スタインフェルド)を演じます。吹替挑戦はアニメーション映画『フェリシーと夢のトウシューズ』(2017)以来、ハリウッド実写映画では初の挑戦となる。
志尊淳が演じるのは、チャーリーにひそかに思いを寄せる心優しい隣人の少年・メモ(ジョージ・レンデボーグJr.)。『帝一の國』『走れ!T校バスケット部』と立て続けに話題作に出演する若手大注目俳優が、「昔から大好きだった」という「トランスフォーマー」シリーズ最新作で、念願の吹替初挑戦!二人はすでに収録を終えており、一足先に二人の吹替映像を見たトラヴィス・ナイト監督は二人の声の演技をとても気に入った様子で、「才能のある二人がバンブルビーに加わってくれたことを嬉しく思っている」とコメント。

可愛さMAXの愛されキャラで“ビー萌え”現象を巻き起こした「トランスフォーマー」シリーズきっての人気キャラクター・バンブルビー。土屋太鳳・志尊淳がバンブルビーと強い絆でむすばれる、思春期の少女と少年を演じ、製作総指揮スティーヴン・スピルバーグの名作『E.T.』を彷彿とさせる“地球外生命体と少年少女の友情と冒険の物語”『バンブルビー』から、今後も目が離せない!

3月22日(金) 「はじまり」が幕を開ける。

ShareSNSでシェアしよう!

作品紹介

関連するシネマNEWS

TOP