太平洋戦争末期の沖縄戦を舞台に、命や平和の尊さを描く感動作『島守の塔』 完成披露舞台挨拶に萩原聖人、村上淳、吉岡里帆、香川京子、五十嵐匠監督登壇!

(C)2022 映画「島守の塔」製作委員会
7月1日(金)

鉄の暴風と言われた激しい空襲、艦砲射撃、上陸戦の絶望に追い込まれた太平洋戦争末期の沖縄戦。その中でなお「生きろ!」と後世に一筋の希望を託した2人の官僚と沖縄の人々の物語を映画化した『島守の塔』の完成披露舞台挨拶が実施され、萩原聖人、村上純をはじめ、吉岡里帆、香川京子、五十嵐匠監督も登壇。コロナ禍を経てようやく完成した喜びに加え、撮影裏話などを披露した。

県民の4人に1人、約20万人が犠牲となった「沖縄戦」。「命(ぬち)どぅ宝、生きぬけ!」と叫んだ 2人の官僚と、「沖縄戦」に翻弄される沖縄県民。それぞれの苦悩と生きることへの奮闘を描き、沖縄本土復帰50年の節目に「命の尊さ」を次世代に継承する映画が誕生した。戦中最後の沖縄県知事として赴任し、軍の命令に従いながらも県民の命を守ろうとした島田叡(あきら)役には映画やドラマへの出演だけでなくマルチに活躍している萩原聖人。職務を超えて県民の命を守ろうと努力した警察部長の荒井退造役には日本映画界に欠かせない俳優・村上淳。実力派俳優の共演が実現。また、島田の世話役の県職員・比嘉凛を吉岡里帆が熱演。映画『ひめゆりの塔』に出演していた香川京子が現代の凜を演じています。監督は『地雷を踏んだらサヨウナラ』など社会派作品で知られる五十嵐匠が努めた。


2020年3月25日にクランクインし、撮影4日目に撮影を中断。コロナ禍で約1年8カ月間撮影休止となり、昨年11月18日から撮影を再開し、翌月12月10日にクランクアップ。ようやく完成した本作。主演の萩原聖人は「本日はお暑い中お越しくださいましてありがとうございます。映画の舞台も沖縄なので、心の熱中症にならないように気を付けてください」と、会場に詰め掛けた観客に感謝を述べ、同じくW主演を務めた村上淳は「本日がワールドプレミアになります。ありがとうございます」と述べ、大きな拍手で迎えられ舞台挨拶がスタート。吉岡も「私自身、本当に完成するんだろうかと不安になったこともあったんですが、監督の熱量と作品への愛情があって、今日ここに立つことが出来たと思います」と完成したことに対し感慨深げに語り、香川も「わたくし自身は(ご自身が出演された)『ひめゆりの塔』を思い出し涙を流しながら拝見しました。戦争というのは本当に恐ろしいもので、戦争はいけないという気持ちを皆さまと一緒に考えるきっかけになればいいと思います」と語る。五十嵐監督は使い古された台本を片手に、「映画は一人ではできない。この映画はクランクインした4日前に11人倒れた。PCR検査をしたところ全員陰性だったのですが、前の日に疎開のシーンを撮っていて、熱中症になったんです。コロナも猛威を振るっていたので、このままだとよくないと思い、撮影を中断しました。1年8か月たってようやく撮影が再開され、完成しました。奇跡のような作品だと思います」と完成したことに喜びを露わにした。


五十嵐監督は「(撮影が)1年8か月延びるということは、皆さんお忙しいですから、キャストも変わってしまう可能性があったんです。でも僕はキャストもスタッフも変えないという思いで挑みました。ありがとうございます」と続けると、萩原は、「監督がおっしゃったとおり、奇跡のようなものだと。あっ、この映画生きていると思いました。映画って色々見る人によって違うと思うのですけども、今を生きる皆さまに是非観てもらいたい作品になったなと思っています」と語る。村上は、「皆さんすでに伝わったと思うのですが、監督の熱量が普通じゃありません。今日という日を迎えられたのは、五十嵐監督のおかげ。ここまでの一途な情熱をお持ちの監督は、本当に信頼できますし、心から感謝します」と監督への感謝を口にする。吉岡も、「撮影が中止になるというときに、監督から「必ず再開するので、その時には是非ご協力してほしい。必ず完成させます。僕が保証します」とおっしゃってくださったんです。その時、きっと完成する、きちんと届く作品なんだろうなと感じました。大変意義がある作品になったと思いますし、皆さまにそういった気持ちがこもった作品だと伝わってくれればいいなと思います」と語る。香川は「この話をいただいたときに、この役は私がやらないといけないなと思ったんです。「ひめゆりの塔」に出演させていただいて、その後もひめゆり学徒隊の生き残りの方たちと交流がありましたので。実際に「島守の塔」の下に立った時、本当に清らかで胸がいっぱいになってしまったんです。あの塔は戦後6年くらいで建ったんですよね。その時の沖縄の人たちの気持ちを考えると感慨深いです」と本作に出演できた喜びを口にする。


五十嵐監督は、「役者の皆さんに、実際にガマに入ってもらって感じてもらうということもやってもらったんです。撮影がストップして再会したときに、皆さんこの映画をずっと想っていてくれたんだなと感じました」と撮影を振り返る。村上は「映画は監督のものであると信じていましたが、この作品が大きなきっかけで、映画は観客のものであると考える様になりました。どう受け取ってもらえるのかなとバトンを渡す。これほど愛した映画が今日を持って観客の皆さんのもとへ届く。少し悲しい気持ちになっています。この作品は、久しぶりみたいい顔が沢山写っている作品です。この作品は沖縄の人も見るんだと言い続けた監督の熱い想いのたまものだと思います。吉岡さん、香川さんも輝いております。是非ご覧ください」と改めて感謝の想いを口にする。萩原は、「1年8か月という中断を経て、今日この日を迎えることができました。その間、悲しいことも沢山あったと思います。この作品はいろんなものに負けずに完成しました。戦争映画なので、重たいように思われるのですが、是非心してご覧ください」と呼びかけた。吉岡は、最後のコメントを五十嵐監督から求められると、「五十嵐さん、元気で長生きしてください」と語り、盛況のうちに舞台挨拶は幕を閉じた。


7/22(金)よりシネスイッチ銀座ほか全国公開

ShareSNSでシェアしよう!

作品紹介

関連するシネマNEWS

TOP