『ファースト・マン』アカデミー賞にて録音賞、音響編集賞、視覚効果賞、美術賞の 4部門に堂々ノミネート!!

(C)Universal Pictures
1月23日(水)

デイミアン・チャゼル監督と主演ライアン・ゴズリングが再びタッグを組んだ待望の最新作『ファースト・マン』が第91回アカデミー賞ノミネーションにて、録音賞、音響編集賞、視覚効果賞、美術賞の4部門にノミネートされた!

ネイサン・クロウリーは『ダンケルク』(17)以来、5度目の美術賞ノミネート!オスカー常連の実力派のスタッフ陣が最新技術を駆使して、まるで宇宙船に乗って命懸けの旅路に身を投じているような圧倒的宇宙体験を見事映像化した本作は、本年度アカデミー賞でオスカーを手にすることができるのか、大きな期待がかかる!

すでに発表されている今期の賞レースでは、アカデミー賞の前哨戦として最も注目されるゴールデン・グローブ賞ではクレア・フォイが助演女優賞にノミネートされ、『ラ・ラ・ランド』に続き本作でも作曲を担当したジャスティン・ハーウィッツが作曲賞を受賞したほか、北米最大の映画批評家賞、放送映画批評家賞が実施するクリティクスチョイスでは作曲賞と編集賞の2部門、サテライト賞でも作曲賞を受賞!さらに先日発表された英国アカデミー賞では助演女優賞ほか、脚色賞など7部門でノミネート!第22回ハリウッド映画賞では監督賞、編集賞、作曲賞ほかワシントンDC映画批評家協会賞を始め全米各地の映画批評家賞で様々受賞するなど今後アカデミー賞に絡んでくる作品としてますます注目を浴びている。

2月8日(金)全国ロードショー!

ShareSNSでシェアしよう!

作品紹介

関連するシネマNEWS

TOP