謎を解くカギは“愛”⁉『ナイル殺人事件』ケネス・ブラナー、ガル・ガドットら俳優陣が語る特別映像が到着!

(c)2022 20th Century Studios. All rights reserved
2月16日(水)

『オリエント急行殺人事件』に続く、アガサ・クリスティ史上最高傑作の映画化『ナイル殺人事件』より、ケネス・ブラナーやガル・ガドットら豪華俳優陣が、愛と嫉妬が絡み合う謎のカギを語る特別映像が解禁となった。

全世界で20億冊以上出版され、「世界一売れた作家」として知られ、“ミステリーの女王”の異名を持つ作家アガサ・クリスティが生涯を通して書き続け、今もなお全世界で愛される“名探偵ポアロ”シリーズ。時代を超越した人気シリーズの中でも、アガサ自身が“旅行物のミステリーで史上最高傑作”と称する1937年に発表された「ナイルに死す」。


本作の舞台は、ナイル川を往く豪華客船。アガサ・クリスティが得意とする“密室”での濃厚なミステリーを描き、主人公の名探偵ポアロは史上最大の難事件に挑む。莫大な資産を相続した大富豪の娘リネットは、夫サイモンとクルーズ船の新婚旅行に訪れる。その美貌と巨万の富から、多くの意味で人目を惹く存在であったリネットは、ある晩何者かに殺されてしまい、第一の殺人事件の被害者となる。クルーズ船という“密室”で起きた事件の容疑者は、リネットの結婚を祝うために集まった“乗客全員”。果たしてリネットを殺した真犯人は誰なのか?そしてこの謎に隠された衝撃の真相とは?

『ナイル殺人事件』キャストインタビュー映像①

本作の監督であり主人公名探偵ポアロを演じたケネス・ブラナーは「『ナイル殺人事件』はうわべは上品で魅惑的でロマンチック」と語るが、美しい豪華客船内で起きる事件は愛と欲望が複雑に絡み合う。夫サイモンと新婚旅行に訪れ被害者となるリネットを演じた女優ガル・ガドットは「二転三転するから何が真実か分からない」と、事件の真相には複雑な謎が隠されていることを示唆。そしてリネットの親友でサイモンの元婚約者ジャクリーンを演じたエマ・マッキーはこの謎解きのカギについて「愛ゆえに何を感じどう行動するか?」だと明かす。ジャクリーンは親友に恋人を奪われ、リネット殺害の動機は十分にある。しかし完璧なアリバイがあり犯行は不可能だ。


さらにエマが「解けたと思っても新事実が浮上する」と語るように、次々と予測不能な展開が待ち受ける。豪華客船に乗りこんだリネットをとりまく乗客たちそれぞれに殺害の動機があり、誰が過ちを犯してもおかしくはない。ポアロの友人ブークの「人は愛のために何でもする」というセリフのように、愛と欲望と嫉妬が渦巻く極上のミステリー・クルーズをぜひ劇場でご堪能あれ。


2月25日(金)全国ロードショー

ShareSNSでシェアしよう!

作品紹介

関連するシネマNEWS

TOP