悠輔と美雪が「ベルばら」の世界に…『雪の華』の世界を描いたオリジナルビジュアル解禁!

(C)池田理代子プロダクション
1月18日(金)

45年を経てなお、燦然と輝き続け、世界中の人々を魅了して止まない不朽の名作「ベルサイユのばら」で有名な池田理代子が、同じく世界中で愛される冬のラブソングの名曲を映画化し、余命一年、限られた時間の中で、偶然出会った運命の相手との一生に一度の最後の恋を描いた『雪の華』からインスパイアされたオリジナルビジュアルを描き下ろした!!

北欧フィンランドの煌びやかなオーロラと、美しい雪景色の中で、切ない涙を流す美雪に寄り添う憂いを帯びた表情の悠輔と、ひっそりと肩を寄せ合い手を繋ぎ、後ろを振り向く2人の姿。期間限定の消えゆく恋の切なさが感じられる印象的なビジュアルとなっている。

映画を観た池田は王道のラブストーリーを真っすぐに描いた作品の世界観と俳優としての登坂広臣に魅せられ、「恋の始まる美しい瞬間が、現代における清涼剤のようです。王道の恋物語、それに、登坂さん、中条さん、がぴったりとはまりました。ヒロインの命はいつまで続くのか、手をつないで見返りながら向こうに去っていく二人の姿に、私なりの回答をそえました」とコメントを寄せ、身分違いの愛に悩み苦しみ、愛する者を想いながら死を遂げる物語を描いた池田理代子にしか描けない、悠輔と美雪の最後の恋の一瞬の輝きが収められている。

2月1日(金)全国ロードショー

ShareSNSでシェアしよう!

作品紹介

関連するシネマNEWS

TOP