最強最美のドリームチームを徹底解剖!『355』キャラクター新写真&キャストコメント解禁!

(C)2020 UNIVERSAL STUDIOS. (C)355 Film Rights, LLC 2021 All rights reserved.
1月18日(火)

ジェシカ・チャステイン、ペネロペ・クルス、ファン・ビンビン、ダイアン・クルーガー、ルピタ・ニョンゴなどの実力者が集結し、世界を救うミッションに挑むスパイ・アクション大作『355』より、豪華女優陣のキャラクター新写真&コメント大解禁!

豪華女優陣が各国の凄腕エージェントを演じるスパイ・アクション大作『355』。世界を救うために集結したエージェントたちは、アメリカ、イギリス、ドイツの諜報機関に所属する者から、中国政府で働く者、そしてコロンビアの心理学者など多種多様だ。しかも、彼女たちはまったく異なる才能を持ち合わせている。戦闘、射撃、ハッキングなど、それぞれが才能を発揮するスペシャリストであり、チームとなれば誰も彼女たちを止めることはできない。そんな彼女たちの特徴がこのたび明らかになり、キャラクターの魅力に言及したキャストコメントも到着。各エージェントの魅力と特徴を知っておけば、本作をより楽しめること間違いなしだ。

■メイソン・“メイス”・ブラウン役/ジェシカ・チャステイン

情熱的で衝動的、乱暴になる傾向があるメイスは、ベテラン兵士であると同時に熟練したCIA諜報員。目的を達成し、全ての任務を完結するまで何も彼女を止められない。彼女は切れ者で、鋭いユーモアのセンスの持ち主で、フットワークが軽い。ダイアン・クルーガー演じるマリーに明らかにライバル要素を感じている。ジェシカ・チャステインはメイスについてこう説明する。「癇癪持ちなので、たまに避けるべき状況に巻き込まれるんです。考える前に飛びつく。皮肉っぽいところもありますね!」 

■ドクター・グラシエラ役/ペネロペ・クルス
鋭い知性と、感情を読み取る能力を持つ心理学者。危険な状況に身を置くことを好まず、治療とサポートが本来の役割。グラシエラの役は、ペネロペ・クルス自身のアイデアに基づいている。チャステインに、どんな役を演じたいかと聞かれたクルスは「スパイ映画で見たことないけれど、普通の人が普通じゃない状況に追いやられるような、場違いの役が良い」と答えたという。彼女は決して兵器を操作したり、戦いに巻き込まれたくないのにも関わらず、“355”という女性エージェントたちの不可欠な存在になっていく。

■リン・ミーシェン役/ファン・ビンビン
中国政府で働く謎多き女。並外れたコンピュータースキルを持っている。さらに、中国医学にも精通し、高い運動能力を持ったエージェント。チームの一挙一動を監視し、敵か味方かさえも謎に満ちている。ファン・ビンビンはミーシェンについてこう説明する。「とてもミステリアスな東洋女性で、いつも静かで自制しているけど強いファイターです」。アクションもさることながら、スパイ兵器を扱う複雑さもチャレンジングだったという。「秘密情報を取り扱う時に使う特殊なメガネを持っているのですが、そのために表情に関してはとても苦労しました」

■マリー役/ダイアン・クルーガー
大胆不敵なマリーはドイツ版CIA であるドイツ連邦情報局(BND)で長年働く諜報員。一匹狼であるマリーは、誰も信用しない。どんな任務でも、できれば武器を自由に使って単独で働きたいと考えている。クルーガーはマリーについてこう説明する。「衝動的で時折無謀で、確かにとても暴力的ですが、彼女自身も他のメンバーたちと同じように傷を負っています」。撮影開始前に長期間、バトルシーンの身体表現を一心に学び、武器トレーニングも受けたクルーガーは言う。「どんな男が立ちはだかっても、闘える気がします」

■ハディージャ役/ルピタ・ニョンゴ
極めて有能なハッカーで徹底した天才として、ハディージャはMI6 諜報員の勤務を終えたばかり。スパイの世界に精通している。しかし、彼女はIT 会社を設立するため、諜報の世界をあとにした。ニョンゴはハディージャについて、こう説明する。「柔軟でもありますし、率直で、賢くて、鋭い洞察力を持っている人物です。」。また、「ハディージャのような科学的マインドは、私にとって完全に未知のものでした。科学的な要素が私には全くないのです」と続ける。だからこそ、ニョンゴはハディージャの役にひかれたという。

2月4日(金)、TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー

ShareSNSでシェアしよう!

作品紹介

関連するシネマNEWS

TOP