祝ゴールデングローブ賞【主演男優賞】受賞!『ドリームプラン』ウィル・スミスが迫真の演技を披露する本編映像大公開!

(C) 2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved
1月11日(火)

1月9日(現地時間)に行われた第79回ゴールデングローブ賞授賞式でウィル・スミスが【主演男優賞】を受賞、アカデミー賞(R)に向けて更に期待が高まる『ドリームプラン』から、ウィル・スミスが迫真の演技を披露する本編映像が到着した。

ウィル・スミス演じるのは、テニス経験ゼロの父リチャード。2人の娘を世界最強のテニスプレーヤーに育てるために、独学で唯一無二の「計画書」=ドリームプランを娘が生まれる前に作った破天荒な人物だ。その78ページにもわたる計画書には、娘を守るために一定期間試合に出さないという計画もあった。
解禁された本編映像は、インタビューを受けるビーナスを守るために、父リチャードが取材に乱入して制止する掟破りの場面だ。「プロになりたい?」と質問するインタビュアーは、期待の星にも関わらず試合に出場しない彼女に疑問を抱いている様子で、「勝てると思う?」、「勝つと確信を?自信たっぷりだね」と皮肉交じりに質問を畳みかけてくる。ビーナスは落ち着いた様子で「勝ちます。自信があります」と笑顔で返答する。インタビュアーはさらに皮肉を込めて、「とても簡単に言うね。なぜ?」と挑発するが、彼女はクールに「信じているから」と応じる。
「3年間も試合していないのに・・・」と更に質問を続けようとするインタビュアーに、リチャードの堪忍袋の緒が切れる!「すまないが、言わせてくれ」と乱入すると、「インタビュー中です」と遮られても止まらない。「娘は最初に自信を持って答えた。なぜ何度も?」と怒りを露わにすると、さらに「質問には答えたぞ。まだ子供だ。子供のままにさせておけ。堂々と対応したんだ。もう十分だろ!」と怒鳴り散らす。時に破天荒な人物と評されるリチャードは、どんなことがあっても娘を守リ抜くと決めている。そんな父の姿をウィル・スミスが迫真の演技で体現する名場面のひとつだ。
実はこの衝撃のインタビューは、実際にウィル・スミスが当時リアルタイムで見ており、リチャードに興味を持つきっかけとなったものだと明かしている。当時大きな衝撃を受けたウィルは、娘を守るためにインタビューを制止したリチャードが大好きになったと語り、特別な思い入れを持ってこのシーンの撮影に挑んだという。

『ドリームプラン』本編映像(I Know I Can Beat Her)

アカデミー賞(R)最有力! ゴールデングローブ賞【主演男優賞】に輝いたウィル・スミス迫真の演技を映画館で楽しもう!

2022年2月23日(水・祝)より全国ロードショー

ShareSNSでシェアしよう!

作品紹介

関連するシネマNEWS

TOP