『アイム・ユア・マン 恋人はアンドロイド』アンドロイドのダン・スティーヴンスが健気に奮闘する本編映像が到着!

(C) 2021, LETTERBOX FILMPRODUKTION, SÜDWESTRUNDFUNK
1月11日(火)

本年度のアカデミー賞国際長編賞ショートリストにも選出されたロマンティック・アンドロイドムービー『アイム・ユア・マン 恋人はアンドロイド』より、ダン・スティーヴンス演じるアンドロイドのトムが、健気に奮闘する姿を捉えた本編特別映像が解禁された。

ベルリンのペルガモン博物館で、楔形⽂字の研究に没頭する学者アルマは研究資⾦を稼ぐため、とある企業が極秘で⾏う特別な実験に参加することに。そこに現れたのは紺碧の瞳でアルマを熱く⾒つめるハンサムなトム。初対⾯にもかかわらず、積極的に⼝説いてくる彼は、実は、全ドイツ⼈⼥性の恋愛データ及び、アルマの性格とニーズに完璧に応えられるようプログラムされた⾼性能AIアンドロイドだったー!

「アイム・ユア・マン 恋人はアンドロイド」特別映像③

朝、キッチンに気配を感じたアルマが不思議に思って覗いてみると、そこには「眠れた?」と優しく問いかけるトムの姿と、パーフェクトな朝食の準備が。しかも、何が起こったかいまいち掴めない彼女に対して「片付けてみた、ものが見やすくなる」「システムに従って整理したけどー」と、トムは自慢気に告げてくる。しかしアルマにとっては、全てが“やりすぎ”!アルマの機嫌が悪くなったことを瞬時に見抜いたトムが「大丈夫だ、11分くれればすベて元の場所に戻せる」と取り繕うが、どうにもアルマの気持ちは収まらない…。


<アルマの最高の伴侶>としてプログラミングされたアンドロイドのトムが、彼女に幸せになってもらうために健気に奮闘する姿がコミカルであり愛すべきシーンとなっている。

1/14(⾦)新宿ピカデリー、Bunkamura ル・シネマほか全国ロードショー!

ShareSNSでシェアしよう!

作品紹介

関連するシネマNEWS

TOP