女性エージェントたちが大ピンチ!?『355』リアーナの歌声が緊迫感を漂わせる海外版予告&豪華すぎるメイキング写真初解禁!

(C)2020 UNIVERSAL STUDIOS. (C)355 Film Rights, LLC 2021 All rights reserved.
1月8日(土)

ジェシカ・チャステイン、ペネロペ・クルス、ルピタ・ニョンゴ、ダイアン・クルーガー、ファン・ビンビンなどの実力者が集結し、世界を救うミッションに挑むスパイ・アクション大作『355』より、ジェイ・Z (feat.リアーナ&カニエ・ウェスト)による楽曲「Run This Town」が緊迫感を漂わせる海外版予告が解禁された。

解禁となったのは、ジェイ・Z (feat.リアーナ&カニエ・ウェスト)による楽曲「Run This Town」が緊迫感を漂わせる、女性エージェント達の危機や、悲壮感すら漂わせながら敵に立ち向かう姿が描かれた海外版予告。冒頭では、本作のタイトルでもある‟355“について、ジェシカ演じるメイスが語っている。18世紀アメリカの独立戦争時代に活躍した伝説の女スパイ、通称‟355“。彼女たちの本名は伏せられた。でもレガシーは受け継がれる―。そんなレガシーを受け継いだ各国のエージェントが共通の敵に対抗するために協力し、華麗なるチームプレイでミッションを遂行していく様が次々と映し出されるが、重大な危機にも直面。「これ以上続けられない」と本音を吐露しても、「自宅まで追ってくるわよ」という仲間の言葉のとおり愛する家族を盾に取られたり、屈強な武装集団に囲まれ襲撃を受けたり…感情を抑えつけ過酷なミッションに共に立ち向かう姿は、見る者の胸を熱くする。さらには高層ビルをよじ登るジェシカ・チャステインや床を爆破して落下しながら銃撃するダイアン・クルーガー、棒アクションで華麗に敵をなぎ倒すファン・ビンビンなど、映画ファンの期待を高める女優たちの雄姿も。はたして、彼女たちは世界の危機を救うことができるのか!?個性溢れるキャラター達が繰り広げるチームプレイ、そしてド派手なアクションにもさらなる期待が膨らむ予告編となっている。

『355』海外版予告篇

あわせて解禁となったメイキング写真には、ワイヤーに吊るされたジェシカ・チャステインや、バイクにまたがるダイアン・クルーガーなど、迫力のアクションシーンのメイキングカットの他、サイモン・キンバーグ監督が演出する様子も。



さらに、ジェシカとセバスチャン・スタンの画になる2shotや、ジェシカ、ダイアン、ルピタ、ペネロペが肩を寄せ合う、まるでグラビアのような豪華オフショットも含まれ、緊迫したシーンの裏側にあった仲睦まじい撮影現場を垣間見ることができる。



2月4日(金)、TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー

ShareSNSでシェアしよう!

作品紹介

関連するシネマNEWS

TOP