コロナ禍のインドで配信公開され、多くの視聴者が衝撃を受けた“ホームドラマ” 『グレート・インディアン・キッチン』予告編が解禁!

(C)Cinema Cooks, (C)Mankind Cinemas, (C)Symmetry Cinemas
12月17日(金)

コロナ禍のインドで配信公開され、大きな話題となった『グレート・インディアン・キッチン』より、予告編が到着した。

2021年1月、コロナ禍のインドで無名の配信サービスによってひっそりとオンライン封切りされた本作は、インドの南西の端にあるケーララ州の公用語マラヤーラム語で作られた。当初観客として見込まれていたのは、そのマラヤーラム語話者の約3,480万人だった。13.8億のインド総人口の3%以下である。

登場人物も舞台となる場所も限られた、ミニマリズム的なこの作品のオンライン封切りに当たっては、宣伝らしい宣伝も行われなかった。しかし公開後間もなくから主に女性の観客の間で大評判となり、ほどなく彼女たちは自主的に宣伝活動を始め、アクセス集中のため弱小配信サイトのサーバが数日間ダウンするほどの事態となった。


クチコミからの大ヒットによって、大手であるインド・アマゾンのプライムビデオによる配信も2か月後にスタートし、英語字幕の力によってインドのさらに多くの観客の間にも共感の輪が広がり、そこから上海国際映画祭を始めとする国内外の映画祭への出品にもつながっていった。日本でもインディアンムービーウィークでの上映時、多くの女性からの共感のコメントが寄せられた。


予告編では、ぎこちないお見合い、色鮮やかな婚礼の場面、垂涎の手料理の映像から始まり、物静かで知的な雰囲気に見える夫、そして新婚早々の若夫婦がふざけ合い睦み合う様子が短いカットの積み重ねによって描写される。しかしそのほほえましい雰囲気は中盤から一転し、フラストレーションを募らせる妻の表情にスポットが当たっていく。

『グレート・インディアン・キッチン』 予告編

ほんの数秒挿入される華麗な舞踊のシーンは何を意味するのか。妻は何に怒り、何をしようとしているのか。歴史ある邸宅の中で続いてきたミソジニー(女性蔑視)への激烈な批判が間もなく噴き上がろうとしている。


2022年1月21日(金)より新宿ピカデリー他全国順次ロードショー!

ShareSNSでシェアしよう!

作品紹介

関連するシネマNEWS

TOP