多くの男女の共感を呼び、映画祭上映でリピーター続出の問題作『グレート・インディアン・キッチン』 ついに劇場一般公開!

(C)Cinema Cooks, (C)Mankind Cinemas, (C)Symmetry Cinemas
12月3日(金)

ありふれた家事労働の描写を通して、インドのミドルクラスを中心に根強く残る家父長制とミソジニー(女性嫌悪)を鋭く描き、大きな議論を呼んだ「The Great Indian Kitchen」(原題)が、邦題『グレート・インディアン・キッチン』として2022年1月21日(金)より公開されることが決定した。

これは本当に映画だろうか、これは現実そのものではないのか?ー
2021年1月、1本の映画が、コロナ禍のインドで無名の配信サービスによってひっそりとオンライン封切りされた。その作品「The Great Indian Kitchen」は、インドの南西の端にあるケーララ州の公用語マラヤーラム語で作られ、当初観客として見込まれていたのは、そのマラヤーラム語話者の約3,480万人だった。13.8億のインド総人口の3%以下である。登場人物も舞台となる場所も限られた、ミニマリズム的なこの作品のオンライン封切りに当たっては、宣伝らしい宣伝も行われなかった。

しかし公開後間もなくから主に女性の観客の間で大評判となり、ほどなく彼女たちは自主的に宣伝活動を始め、アクセス集中のため弱小配信サイトのサーバが数日間ダウンするほどの事態となった。

クチコミからの大ヒットによって、大手であるインド・アマゾンのプライムビデオによる配信も2か月後にスタートし、英語字幕の力によってインドのさらに多くの観客の間にも共感の輪が広がり、そこから上海国際映画祭を始めとする国内外の映画祭への出品にもつながっていった。


日本では、東京・大阪他でSPACEBOXが主催・開催した「インディアンムービーウィーク2021パート1」(6月)と「パート2」(9月)での上映では、男女の観客から圧倒的な支持を得た。また、9月に「FRaU」誌オンライン版で本作が紹介された際には、普段インド映画に触れていない読者層にも幅広くリーチし、「どこでどうやったら観られるのか」という声が多く上げられた。

マイナー配信サイトから、大手サイトへ、そして世界の映画祭へ、数奇な道筋をたどったウィズコロナ時代の特異なヒット作が、この日本で世界初の劇場一般公開となる。

2022年1月21日(金)より新宿ピカデリー他全国順次ロードショー!

ShareSNSでシェアしよう!

作品紹介

関連するシネマNEWS

TOP