『バイス』ゴールデン・グローブ賞 クリスチャン・ベール主演男優賞受賞!!

(C) 2018 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All rights reserved.

アカデミー賞前哨戦として重要となる第76回ゴールデン・グローブ賞にて最多6部門にノミネートされ、クリスチャン・ベールが映画部門(ミュージカル/コメディ部門)主演男優賞を受賞した!!

クリスチャン・ベールの主演男優賞は、「ザ・ファイター」で助演男優賞を受賞した以来2回目の受賞!「アメリカン・ハッスル」、「マネー・ショート 華麗なる大逆転」では主演男優賞にノミネートされ、本作は3年ぶり4回目のノミネートとなる。

<クリスチャン・ベール コメント>
私の美しい妻と子供たちに感謝します。
ありがとう、アダム。カリスマ性に乏しく、みんなが非難するような人物を探していた彼が、「ベールにしよう」と言ったんです。
この役のインスピレーションは悪魔に授けてもらったんだ、ありがとう。
この場にいる皆さんの作品はどれも素晴らしく、本当に映画を愛している。
エイミー、スティーヴ、サム、キャストのみんな、ありがとう。
そしてグレッグ・キャノンとクリス・ガラハ、彼らの素晴らしいメイクがなければこの場にはいなかったでしょう。この賞をスタッフ全員と共有します。本当にありがとう。

アダム・マッケイ監督が、「クリスチャン・ベール以外にこの役をできる人を思いつかなかったし、もし断られていたら、多分この映画を作ることはなかった。」と語るほどのラブコールを受けたクリスチャンが、アメリカを操り、成り上がっていった男ディック・チェイニーの20代から70代までを、体重を約20キロ激増し髪を剃り眉毛を脱色するなどの見た目だけでなく、演技の面でも完璧なアプローチで演じ、見事なまでにオスカー俳優の迫力を見せつけている。

1月22日のアカデミー賞ノミネート発表と、『バイス』のオスカーの賞レースの行方にも注目だ!!

4月5日(金)TOHOシネマズ 日比谷他全国公開

ShareSNSでシェアしよう!

作品紹介

関連するシネマNEWS

TOP