『ハロウィン』特報&ティザービジュアル解禁!

(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS
12月26日(水)

新たな命が吹き込まれた『ハロウィン』は、2018年10月19日に全米で公開するやいなや週末3日間で7,7501,000ドルという驚異的な数字を記録。R指定ホラー映画としては『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』に次ぐ全米ホラー映画史上歴代2位のオープニング興行収入となった。2週目のBox Office週末ランキングも1位を飾り、累計興行収入は126,698,400ドル、2週連続全米No.1ヒットの快挙となる。辛口映画批評サイト「ロッテントマト」では80%フレッシュを叩き出し高評価を獲得。世界が絶賛、そして震撼した究極のショッキングホラーがついに日本上陸 !!

今回、解禁となる特報映像は、トイレの個室にいる女性ジャーナリストが何者かに襲われるショッキングなシーンで幕を開ける。襲い来る者の正体は、神出鬼没の恐怖”ブギーマン”。無表情のマスクを装着し、感情は読み取れない。奇しくもハロウィンの夜、ついに街に解き放たれた”ブギーマン”。子供たちがはしゃぐ道路に、家の窓の外に、そして家の中にも…。ブギーマンが次に向かう先とは…。映像の最後には、眠れない子どもを寝かしつけようとするベビーシッターの女性の姿が。クローゼットの扉を閉めようとするが、何かがつっかえてなかなか閉まらない。すると中から包丁を振りかぶった”ブギーマン”が!!一体いつ、どうやって侵入したのか?! どこからともなく現れ、容赦なく襲い来るヤツの恐怖からは誰も逃げられない!!

さらに、劇場で出会ったら鳥肌もののティザービジュアルも解禁!暗闇の中から現れる”ブギーマン”と「恐怖、現る。」の堂々したホラーコピーが不気味さを感じさせる。

『ハロウィン』特報映像

2019年4月、全国公開

ShareSNSでシェアしよう!

作品紹介

関連するシネマNEWS

TOP