自宅軟禁された政治家と監視する諜報員の“正義”を描く社会派ヒューマンサスペンス『偽りの隣人 ある諜報員の告白』メイキング写真一斉解禁!

(C) 2020 LittleBig Pictures All Rights Reserved.
9月13日(月)

韓国歴代興収10位を記録し、日本でも大ヒットした『7番房の奇跡』のイ・ファンギョン監督による待望の最新作『偽りの隣人 ある諜報員の告白』より、メイキング写真が一挙解禁された。

1985年、軍事政権下の韓国。民主化を求め自宅軟禁された政治家と監視する諜報員国家を揺るがせた男たちの“正義”を描く社会派ヒューマンサスペンス。1985年、国家による弾圧が激しさを増す中、次期大統領選に出馬するため帰国した野党政治家イ・ウィシク(オ・ダルス)は空港に到着するなり国家安全政策部により逮捕され、自宅軟禁を余儀なくされた。諜報機関はウィシクを監視するため、当時左遷されていたものの愛国心だけは人一倍強いユ・デグォン(チョン・ウ)を監視チームのリーダーに抜擢。デグォンは隣家に住み込み、24時間体制の監視任務に就くことになった。機密情報を入手するため盗聴器を仕掛けたデグォンだったが、家族を愛し、国民の平和と平等を真に願うウィシクの声を聞き続けるうちに、上層部に疑問を持ち始める。そんな矢先ウィシクとその家族に命の危険が迫っていたー。

解禁されたメイキング映像では、主人公ユ・デグォンを演じたチョン・ウが、ふざけて指を一本立ててカメラに笑顔を向けたオフショットや、撮影カメラを覗き込み満足気な表情を浮かべる様子、撮影中の真剣な表情などが映されている。



一方、自宅軟禁された政治家イ・ウィシクを演じたオ・ダルスが、自宅の塀によじ登って尻餅をつくシーンの写真も切り取られている。

このシーンでは、ひょんなことから塀をよじ登ったイ・ウィシクと、隣家でこっそりと監視を続けていた諜報員のユ・デグォンが、図らずも出くわしてしまい “お隣さん”として挨拶を交わしたことから、本来なら直接交わることのなかった監視する側/される側の不思議な交流が始まる重要なシーン。

果たして顔がバレてしまったユ・デグォンは無事に監視任務を全うすることができるのか―!?気になる続きはぜひ劇場でご覧いただきたい。


2021年9月17日(金)より、シネマート新宿 ほか全国公開

ShareSNSでシェアしよう!

作品紹介

関連するシネマNEWS

TOP