『ドライブ・マイ・カー』サントラカセット・テープ発売決定!濱口竜介監督が手掛けたミュージック・ビデオも公開!

(C)2021『ドライブ・マイ・カー』製作委員会
8月17日(火)

主演に西島秀俊を迎え、村上春樹の短編を映画化し、第74回カンヌ国際映画祭コンペティション部門で日本映画史上初となる脚本賞ほか全4冠に輝いた濱口竜介監督最新作『ドライブ・マイ・カー』。北米プレミアとなる第46回トロント国際映画祭への正式出品、第69回サン・セバスチャン国際映画祭、第59回ニューヨーク映画祭への正式出品も決定するなど、日本公開を前に世界から大きな注目を集めている本作の、石橋英子によるオリジナル・サウンドトラックが完全限定生産でカセット・テープでも発売が決定した。


サウンド・トラックを手掛けたのは、 日本を拠点に海外のレーベル、バンドキャンプなどでコンスタントに作品をリリースし、独自の活動を続けている石橋英子。すでに発表されていた8/18のCDリリースに加えて、映画公開日となる8/20には映画本編において重要な役割を示すカセット・テープが完全限定生産で発売されることが決定した。映画に登場するサーブと同じ、赤色のカセット・テーブは必聴のアイテムだ。カセットは店舗限定での発売となるので、販売店舗を要チェック。

また、濱口監督自身が手掛けた「Drive My Car (Kafuku)」のミュージック・ビデオが本日公開。ワンカットのドライブシーンは映画本編のディレクターズ・カットと思える贅沢な映像で、映画本編へと誘う、イントロダクションのようにも感じさせる。ヒロインの寡黙なドライバーみさきを演じる三浦透子の存在感ある佇まいにも注目である。

「Drive My Car (Kafuku)」ミュージック・ビデオ

邂逅すべく宿命にあったと感じる、濱口竜介×石橋英子、2人の映画監督と音楽家による新たな作品が産み落とされた。

8月20日(金)より、TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー 

ShareSNSでシェアしよう!

作品紹介

関連するシネマNEWS

TOP