失敗した初キス、アイスを手に抱き合う夏、真冬の花火…『明け方の若者たち』北村匠海と黒島結菜の “沼のような5年間”映像初解禁!

(C)カツセマサヒコ・幻冬舎/「明け方の若者たち」製作委員会
8月6日(金)

Twitterでの”妄想ツイート”が話題となり、10~20代から圧倒的な支持を獲得したウェブライター・カツセマサヒコの大ヒットを記録した話題の青春恋愛小説の映画化『明け方の若者たち』より、特報映像とティザービジュアルが解禁となった。

主人公の<僕>役を務めるのは、ダンスロックバンド「DISH//」のリーダーで、『君の膵臓をたべたい』(17/月川翔)で第41回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞し、『東京リベンジャーズ』(21/英勉)、『とんび』(22/瀬々敬久)など数々の作品で主演を務める北村匠海。明大前の飲み会で<僕>が一目ぼれする<彼女>を演じるのは、映画『カツベン!』(19/周防正行)で第43回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞し、2022年放送開始予定のNHK連続テレビ小説『ちむどんどん』でヒロインを務める注目の女優、黒島結菜。

特報映像は「16文字から始まった、沼のような5年間」という北村匠海本人のナレーションから始まる。<僕>(北村匠海)と<彼女>(黒島結菜)が過ごす日々が映し出される。「一目惚れとか初めてでさ」とベッドの上で唇を重ねようとして歯をぶつけてしまう初々しい様子や、噴水の前ではしゃいだり、「楽しいこと全部やっとかないと」と真冬に花火をしたり、会社の同期で親友の<尚人>(井上祐貴)と三人で夜明けまで飲み明かしたり、そんなかけがえのない幸せな日々を送っていた。しかし、「でも僕はわかっていた。いつか、この時間に終わりが来ることを・・・」という言葉と共に花火の火が消え、それまでの幸せな日々が一変することを予感させ映像は幕を閉じる。<僕>と<彼女>が過ごす“沼のような5年間”の行く末は―。そして<僕>の“わかっていた”という言葉の本当の意味とは―。

『明け方の若者たち』特報映像

同時に解禁されたティザービジュアルでは、まさに人生のマジックアワーを駆け抜けるような<僕>、<彼女>、<尚人>の後ろ姿が鮮やかに描かれている。


2021年12月、全国ロードショー

ShareSNSでシェアしよう!

作品紹介

関連するシネマNEWS

TOP