まるでSF!驚異の美しさ!『素晴らしき、きのこの世界』予告編が完成!きのこファン必見、前売り券の販売も開始。

(C)2018, Fantastic Fungi, LLC
8月6日(金)

ナショナルジオグラフィックやディズニーネイチャーのドキュメンタリー作品を手掛け、タイムラプス映像のパイオニアと言われる映像作家ルイ・シュワルツバーグが、きのこ・菌類の秘めたる力に迫った驚異と希望のドキュメンタリー映画『素晴らしき、きのこの世界』より、予告編が到着した。

わたしたちの足もとにある知られざる宇宙。土の中には地球を守るために菌類のネットワークが張り巡らされており、菌類によるその広大なネットワークは、物質を腐らせ分解し、菌類同士や他の生物と栄養素を共有、つながりを形成し、それを生きた土壌に変えてきた。我々の目に留まるきのこは土の上にある部分にすぎず、その本体のほとんどは地下に広がる菌糸体。動物でも植物でもない不思議な生物なのだ。
きのこ・菌類は、食物としてだけでなく、様々な生命の再生や維持、アルツハイマーやがんなどの治療、環境汚染の浄化にまで役立つことから、地球上の様々な問題へのきのこの応用が今、期待されている。


解禁された予告編は、「私の使命は菌類の言葉を見つけること」と話す、菌類学者ポール・スタメッツの声と同時に、木々に覆われた森の中でカゴを持った“きのこ狩り”中のスタメッツが登場する場面からスタート。そして、青や黄色など鮮やかな色が可愛らしいきのこ、赤い爪のような形状がまるでエイリアンのような毒々しさのきのこ、白いレースのドレスをまとったような美しいきのこ、光を放つきのこなど、一言できのことまとめるにはあまりにも多種多様な姿をしたきのこたちが、にょきにょき伸びたり、ゆらゆら揺れたりする神秘的な姿が、タイムラプス映像で映し出される。そこに入る「私たちの身近にあって、ミステリアスな存在」というナレーションの声の主は、アカデミー賞受賞歴のある俳優で無類のきのこ好きだという、ブリー・ラーソンだ。人気フードライターのユージニア・ボーンは、きのこについて「植物とも動物とも違う、中間的な存在」と解説。医療や治療、環境問題など菌類による知られざる解決策の断片が映し出され、きのこの偉大さの一部が分かる映像となっている。

『素晴らしき、きのこの世界』予告編

本作は、幻覚作用をもたらす一方で、人間の命を救うほどの力も持っていると言われる、きのこ・菌類の知られざる可能性を提示。偉大で神秘的なきのこの力を知ることで、鑑賞後には誰もが未来への希望を感じるはず。パンデミックを経験し、希望をなくしがちな今だからこそ、心に響く一作だ。本国アメリカではなんと20週にわたる超ロングラン上映が行われ、予想をはるかに超えるヒットを記録。アメリカの映画批評サイト、ロッテントマトでも100%フレッシュを獲得するなど高評価を受けている。きのこに対する意識を変えるに違いない注目の映画だ。

また、本日8月6日より、前売り券の販売も開始。前売り特典は特製“切手風”きのこシール。きのこファンが絶対欲しくなる?アイテムとなっている。さらに、日本唯一の「きのこ総合企業」ホクト株式会社とのタイアップも決定し、今後いろいろと展開予定となっている。

9月24日(金)より新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開

ShareSNSでシェアしよう!

作品紹介

関連するシネマNEWS

TOP