北海道出身の先輩後輩コンビの白石和彌&音尾琢真『孤狼の血 LEVEL2』公開前に地元凱旋舞台挨拶開催!

(C)2021「孤狼の血 LEVEL2」製作委員会
8月3日(火)

映画『孤狼の血 LEVEL2』 2021年8月20日の公開を記念した『監督 白石和彌×俳優 音尾琢真 映画祭』が8月2日より札幌でスタート!この映画祭は、北海道出身の2人による北海道ならではの映画祭となる。そんな中8月2日には『孤狼の血』の上映後に舞台挨拶が開催された。

北海道出身、同じ旭川西高校の出身ということで、昔ばなしにも華が咲く。監督はサッカー部、音尾さんは新体操部のエピソードを披露。そしてなんと、鑑賞者の中には旭川西高校出身が複数人おり、まさかの音尾の一個下の代の方も参加していたことが判明。そして部活動を聞くとサッカー部であったことがわかり、監督が3年生の時の1年生ということで会場にはどよめきが。まさかの展開に同窓会チックに和やかに始まった舞台挨拶。監督は、後輩はやはり可愛いものでと言いながら、過去9作品も白石作品に音尾は出演していることを激白。縁あり二人は出会い、音尾は『日本で一番悪い奴ら』で一番最初に出演し、演じたのは警視庁の刑事役。監督は「音尾さんの俳優としての魅力に惚れた部分もあったが、従順な可愛い後輩でもある。えこひいきというか、バーターというか…?」と笑顔で話す。音尾は「先輩からのオファーが来たら、とにかくOKと言うこと。台本は読まない、コンセプトも知らない、とりあえずOKと言う」と後輩として完璧な答えをする。また監督から見た音尾の魅力について聞かれると「どんな役も、時にはコミカルに時にはシリアスに、いろんな形にできるのが最大の魅力。最近はどんな難役を音尾くんにやってもらおうかなと考えるのが楽しくてしょうがない。」と彼の魅力を語った。
また作品シリーズでは入れ墨が印象的という話題に。音尾は「あの時は彫れるし、劇用に塗れる人でもある人に入ってもらっていただが、4時間ほどかけてやってもらった。昔は12時間とかかかってましたけどね」と話すと監督は「役柄で絵柄なども基本は決めるのですが、本当に僕も気になっちゃって、ワンカットごとに見に行って、できたときは写真撮影したもんね笑」と楽しそうに話す二人。そこで気になるのが吉田滋のLEVEL2。どんな役になっているのか聞かれると監督は「実は最初に脚本家が本書いたときには、吉田のよの字もなくて、唯一脚本家の先生にお願いしてなんとか音尾、いや、吉田を出してくださいとお願いをして。笑。結果、作った役がすごく大きくなって、おいしい役になってますよ。」と熱く語った。
またシリーズ化に関して「『孤狼の血』が世に出てから、会う役者、会う役者、みんな僕を広島に連れて行ってほしいという話をされるんです。でも刑事でオファーしたら、あ、ヤクザじゃなければすみませんという人が結構いたんですよ。」と前作を見て気持ちが燃え上がる役者について話すと、音尾は「一番がっかりしてるのが中村獅童さんですよね笑」とツッコミ。「前作の衣装合わせの時に、なんで俺はヤクザじゃないの監督~ってもうすでに不機嫌そうでしたよ笑。でもこのポジションでいてくれたことが今作ですごく活きているので、期待ですよ。」と役者の熱さにも注目してほしいと語りました。
ここからはお客さんからの質疑応答。今後やってみたい題材について聞かれ、また音尾をどんなやくで起用するか聞かれると「僕は本当にいろんなものに興味をもっているのですが、直近で発表したものでいうと仮面ライダーブラック。今まで見たことのないような仮面ライダーになると思います。」それに加えて、音尾を別作品にすでにオファー済であることを話すと会場からは拍手が沸き起こる。音尾は「その件で謎のメールが届きまして、その話を聞く前に仕事のオファーをもらう前に、謎の人間ではない役名だけが書かれていて。最近はちゃんとした役名じゃない、単語単語で連絡が来るので笑。でもね、これは本当に楽しみにしていてください!」と話し、会場を沸かせた。
またもう一問。すすきのを舞台にする予定はありますか?という質問に対して、監督は「すすきのにかかわらず、北海道を舞台に、何かいい題材があれば。気持ちはあるんですが、ほんとネタ募集ですね笑」と話した。
最後に8月20日の公開を迎えるにあたり監督は「去年のコロナ禍の中で撮影した作品なのですが、見てくれた人みんな見終わったあとに元気がもらえると言ってくださります。コロナとか、今の生きづらい世の中を吹き飛ばせるのは『孤狼の血 LEVEL2』、そんな力がある作品だと作った我々も本当に思っている作品ですので、ぜひ沢山の方に見ていただきたいです。」と話した。また音尾は「どれも名作揃いですが、『孤狼の血』役所広司さん、大好きな大好きな大先輩なのです。でも『孤狼の血 LEVEL2』は若い我々で作り上げた一段違うエンターテインメントになっております!僕もそうだったのですが見終わったあとは簡単に立ち上がれないほどの大興奮状態でした。ぜひ、皆さんにも体験いただきたですし、色んな方に薦めていただきたいです。」と熱く語り、舞台挨拶は幕を閉じた。

8月20日(金) 全国公開

ShareSNSでシェアしよう!

作品紹介

関連するシネマNEWS

TOP