“無責任ヒーロー(デッドプール)”でおなじみ加瀬康之、今度は“いい人すぎるヒーロー”に!『フリー・ガイ』小野賢章、早見沙織ら日本版声優陣決定!

(C) 2021 20th Century Studios. All Rights Reserved.
7月27日(火)

ヒーローらしからぬ自由奔放なスタイルとクールで過激なアクションで、世界中を魅了した「デッドプール」シリーズのライアン・レイノルズが、何でもアリの≪ゲームの世界≫を舞台に、今度はありえないほど平凡すぎる“ゲームのモブキャラ”ガイを演じ、いい人過ぎる“主人公=ヒーロー”になる姿を描く。ライアンが自ら現代版『バック・トゥ・ザ・フューチャー』と呼ぶ、新たな時代ならではの新感覚アクション・エンターテイメント『フリー・ガイ』より、日本版声優陣が解禁された。


ガイを演じる加瀬康之は、数々の洋画の吹替や、「NARUTO -ナルト-」「約束のネバーランド」など多くのアニメ作品でも声優を務める。ライアン・レイノルズが演じる作品の吹替も多数担当しており、”無責任ヒーロー“のデッドプールとは真逆の”いい人すぎるヒーロー“ガイを、加瀬はどう演じるのか!?

ガイがヒーローとして立ち上がるきっかけとなる≪ゲームの世界≫のキャラクター、モロトフ・ガールは、膝丈のブーツを履きこなすミステリアスでイカした女性。一方の≪現実世界≫で彼女を操作しているのは、頭脳明晰だがちょっとサエないゲーマー兼ゲームデザイナーのミリー。彼女を演じるのが、「鬼滅の刃」胡蝶しのぶ役や「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」「賭ケグルイ」などで知られる声優の早見沙織。ガイの運命を変えることとなるモロトフ・ガール/ミリーは、実は〈フリー・シティ〉の背後にある秘密を探っているようだが、果たして…?
さらに同じく≪ゲームの世界≫で暮らすガイの親友バディを演じるのは、俳優としても活躍し、「四畳半神話大系」などの声優でも知られる小川剛生が担当する。

一方で、≪現実世界≫に生きる、〈フリー・シティ〉を運営するゲーム会社スナミで働くキーズ、プログラマーのマウサー、社長のアントワンをそれぞれ、俳優としても活躍し「ハリー・ポッター」シリーズのハリーの吹替や「黒子のバスケ」「文豪ストレイドッグス」などの声優で知られる小野賢章、「結界師」「機動戦士ガンダム00」「ハイキュー!!」などの声優吉野裕行、「ジョジョの奇妙な冒険」「銀魂」「進撃の巨人」などの声優の子安武人が担当する。
今回は併せて、彼らが演じるキャラクターが勢揃いした特別ビジュアルも到着した。

人気と実力を兼ね備えた、超豪華声優陣が勢揃いし贈る本作。《ゲーム史上最大の危機》が迫る中、はたして“いい人”すぎるモブキャラのガイは世界を救う真のヒーローになれるのかー。あらゆる悩みを吹き飛ばす、爽快アクション超大作の誕生!

8月13日(金) 全国公開

ShareSNSでシェアしよう!

作品紹介

関連するシネマNEWS

TOP