フランス映画を代表する映画監督の オリヴィエ・アサイヤス監督が、 ホウ・シャオシェン監督の素顔に迫る!『HHH:侯孝賢 デジタルリマスター版』公開決定&監督コメント解禁!

(C) AMIP-La Sept ARTE-INA-France 1997
7月27日(火)

世界の巨匠ホウ・シャオシェン監督を、フランス映画を代表する映画監督のオリヴィエ・アサイヤスが追った伝説のドキュメンタリー映画『HHH:侯孝賢 デジタルリマスター版』。

1989年『悲情城市』でヴェネチア国際映画祭金獅子賞を受賞、台湾ニューシネマの旗手として世界にその存在を知らしめたホウ・シャオシェン監督。『黒衣の刺客』(15)ではカンヌ国際映画祭監督賞を受賞。2020年に監督生活40周年を迎えました。同年、57回台湾金馬奨・終身成就奨(生涯功労賞)を受賞し、「人を感動させるには、まず自分が感動することが必要」とスピーチをしたホウ・シャオシェン監督の尽きない創作意欲は、大きな感動を呼びました。プレゼンターのひとりとして、是枝裕和監督が駆け付けたことも大きな話題となった。

本作のタイトル「HHH」はホウ監督の英語表記Hou(侯)Hsiao(孝)Hsien(賢)の頭文字に由来している。第20回東京フィルメックス特別招待作品フィルメックス・クラシックで上映され、今春「台湾巨匠傑作選2021 侯孝賢監督デビュー40周年記念 ホウ・シャオシェン大特集」(※)でもプレミア上映になり、特に注目を集めて、待望の劇場初ロードショーが決まった。
*ホウ・シャオシェン大特集は2020年の開催予定だったがコロナ禍により本年に延期された。

『パーソナル・ショッパー』で第69回カンヌ国際映画祭監督賞を受賞したフランスの名匠オリヴィエ・アサイヤス監督は、 “カイエ・デュ・シネマ”で映画批評家をしていた84年、台湾ニューシネマの監督たちの存在に大きな衝撃を受け、いち早くフランスにおいて台湾ニューシネマを紹介。本作では、13年来の友人であるホウ・シャオシェン監督はじめ、台湾ニューシネマを牽引した映画人たちへのインタビューを中心に、作品にゆかりの地をめぐる。

◆オリヴィエ・アサイヤス監督コメント
ひとりのアーティストのポートレートとして、
ホウ・シャオシェンという人間その人、友人としての彼をおさめたかった。

『HHH:侯孝賢 デジタルリマスター版』予告編

2021/9/25(土)より新宿K’s cinema他全国順次公開! 

ShareSNSでシェアしよう!

作品紹介

関連するシネマNEWS

TOP