藤原竜也×松山ケンイチW主演の新感覚サスペンス『ノイズ』に神木隆之介参戦!コメント到着!

(C)筒井哲也/集英社(C)2022映画「ノイズ」製作委員会 
7月27日(火)

藤原竜也・松山ケンイチW主演の新感覚サスペンス映画『ノイズ』。先の解禁では泉圭太を藤原が、そして田辺純を松山が演じることが発表され、シリーズ累計興行収入100億円を超える映画『デスノート』シリーズで映画史に名を残す伝説の“ライバル”を演じた2人が本作ではサイコキラーの死体を隠す“共犯者”を演じることが話題になっていた。そんな難役に挑む2人の新たな“共犯者”!?2人の幼馴染で新米警察官の守屋真一郎(もりやしんいちろう)役に神木隆之介が決定した!

神木が演じる守屋は、幼い頃からの夢だった、故郷の猪狩島にある駐在所での勤務が決まったばかりの新米警察官。圭太と純を兄のように慕い、正義感にあふれる男だ。一方で母を大切に思う心優しい一面も。神木は2005年、映画『妖怪大戦争』で主演を務め、第29回 日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。以後も話題作に出演をしており、テレビドラマ「SPEC」シリーズでは最強の敵・ 一十一(にのまえじゅういち)を怪演する一方で、映画『桐島、部活やめるってよ』では文科系ヘタレ男子高校生を演じるなど、確かな演技力で幅広い役柄をモノにしてきた実力派俳優。実写作品のほかにも『千と千尋の神隠し』、『サマーウォーズ』、『君の名は。』、『天気の子』など、日本の歴代興行収入ランキングを賑わす作品に声優としても参加。最近では自身のYouTubeチャンネルでの動画配信など、多岐にわたってマルチにその活躍の幅を広げている。神木は「藤原竜也さん、松山ケンイチさんが出演されると聞き、さらに、企画と脚本にも魅力を感じ、何が何でもこの作品に参加したい!と、思いました。」と本作への強い想いを語り、「駐在所の警察官としての正義を持ちながらも、事件に巻き込まれていった真一郎を、少し情けないように演じるよう心掛けた」と役柄への向き合い方を語っている。
神木と藤原は、2014年公開『るろうに剣心 京都大火編』以来7年振りの共演。一方の松山とは2012年NHK大河ドラマ「平清盛」で共演、松山演じる清盛に相対する源義経を熱演した。また神木と松山は映画では初共演となり、藤原、松山、そして神木という実力派俳優の演技合戦がこの『ノイズ』で実現したことになる。神木は「毎シーン、毎シーンが楽しかったです。藤原さん、松山さんお二人との共演は安心感がありましたし、立ち居振る舞いも間近に見ることができて、ワクワク、ゾクゾクする現場だった」と撮影を振り返った。
日本を代表する若手実力派俳優たちの圧倒的な演技合戦は、殺人を隠ぺいする共犯者3人の心情をヒリヒリするほど痛々しく表現し、観る者の心を深く抉ってきます!さらにはほかにもまだまだ実力派俳優たちが参加している本作。果たして次はどんなキャストが参加するのか?

<以下コメント>
◆守屋真一郎(もりや しんいちろう)役:神木隆之介
圭太と純の幼馴染で島の新米巡査。正義感が強いが、母親思いの優しい一面も。
【コメント】
藤原さん、松山さん。憧れのお二人の近くで一緒に素敵な時間を過ごすことができて本当に幸せでした。
お二人が出られていた作品のファンだったので嬉しかったです。そして、廣木組に参加出来たことも貴重な経験となりました。感謝しかありません。
この「ノイズ」という作品は、今までにない緊張感が味わえる究極の新感覚サスペンスです。ぜひ、映画館で目撃者になってください。

◆企画・プロデューサー:北島直明
【コメント】
藤原さん、松山さんと共に“殺人を無かったことにする”為に死体を隠蔽する共犯者、しかも、警察官なのに“嘘をつく”という難しい役をどなたに演じて頂くか、相当悩みました。お二人のエネルギーを受け止め、負けないパワーを持っている役者…そこで思い至ったのが、これまで、実写・アニメ問わず、ありとあらゆる難役を演じて来られた神木隆之介さんです。実際にこのお三方の芝居合戦は、上質な舞台のようであり、殴り合いのバトルロワイアルのようであり…。ほぼ全てのシーンが1テイクOKだったと思います。そして、映画後半にある4分以上の長回し1カットの神木さんの一人芝居…息が止まり、涙が出ます…“衝撃”です。神木隆之介さん、すごい役者です。この役を引き受けて下さり、本当に良かったと監督・スタッフ一同、感謝しています。

2022年 全国ロードショー

ShareSNSでシェアしよう!

作品紹介

関連するシネマNEWS

TOP