『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』からもカムバック?! 『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』本編映像到着!

(C) 2021 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.
7月26日(月)

常識に囚われず度肝を抜くアクションを繰り広げ、映画史を代表する一大シリーズの1つとなった”ワイスピ”の最新作、『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』。遂に全米でも公開を迎え、既に公開中の各国に続いて、ブッチ切りの初登場No.1を記録!さらには『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』(19)以来、最高のOP興行収入を記録、全世界累計興収5億ドル(約599億2,500万円)を突破しており、夏と共にやってくる本作の日本公開へ、ますます期待が膨らむ。

かつてのファミリー・ハンや、ジャスティン・リン監督のカムバックで注目を集めている本作だが、なんと2006年に公開した東京のアンダーグラウンド・ドリフトレースが舞台の『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』に登場する主人公ショーンと、その仲間で劇中でも活躍したトゥインキーとアールも15年ぶりにスクリーンへカムバックしている!


今回到着した本編映像は、相変わらず車いじりが大好きな3人が、シリーズ初のジェットエンジン搭載の車を発明し、ローマンとテズに披露するワンシーン!ショーンが「ゼロヨンが10秒の車はある。でもこれは2秒だぜ!」とワイスピ名物のレース”ゼロヨン”を例えにあげ、超高速スピードの最新機能を搭載したものであることをアピールしながら、発明した車を披露する姿から映像はスタート。しかしカバーのなかなら現れた1984年型ポンティアック・フィエロの外装はまるで宇宙船のような見た目に?!見慣れない姿に、一度は唖然とする2人だが、「ポンティアックにロケットエンジン?」とテズが尋ねると、アールは「スゴい車だろ」とドヤ顔。テズは「スゴいを通り越してる!」とまるでマッドサイエンティストのように盛り上がる3人の改造に脱帽するのであった。

邦題にもある通り、今度は劇中で”ジェットブレイク”が巻き起こることでも期待が寄せられる本作だが、TOKYO DRIFTの3人組が生みだした最新車は劇中でどのような活躍をみせてくれるのか目が離せない!なお本映像にはトゥインキーの姿は見えないが、場面写真では存在感を発揮!15年前に東京でドリフトしていた懐かしのキャラクターたちが長い時を超え、ドム率いるファミリーのローマンとテズと絡む姿にファンも胸アツ間違いなしのシーンとなっている。

『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』本編映像

第3作目『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』はシリーズの中では異色のストーリーとして存在しており、ドリフトレースを通して、まだ高校生だった主人公ショーンの成長物語としても描かれた。ワイスピシリーズで初めてジャスティン・リン監督がメガホンを取ったのもこの第3作目で、そんな監督が待望の復帰を果たす最新作ではドミニクの<家族の物語>が描かれており、アクションのスケールアップはもちろんながらキャラクターにもフィーチャーしているところからも、『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』の原点回帰のような側面もあるといっても過言ではない!ファンからの人気も高いショーン、トゥインキー、アールの3人は果たして15年経て一体どんな成長を遂げているのか?そしてかつての恩師ハンと再会が果たせるのかにも注目だ。

8月6日(金)全国超拡大公開!

ShareSNSでシェアしよう!

作品紹介

関連するシネマNEWS

TOP