インドネシア・ラマレラ村の人々を30年追い続けた圧巻のドキュメンタリー映画『くじらびと』公開決定!ポスタービジュアル解禁!山田洋次監督からの応援コメントも!

(C) Bon Ishikawa
7月9日(金)

ドキュメンタリー映画『くじらびと』が9月3日(金)より新宿ピカデリーほか全国公開することが決定し、公開情報に合わせポスタービジュアルも解禁された。


インドネシア・ラマレラ村。人口1500人、太陽の土地を意味するこの村では、巨大クジラに挑むラマファ(銛(もり)打ち)は誇りであり尊敬を集める存在だ。手造りの舟と銛1本で、マッコウクジラに挑んでいく。クジラも負けじと舟に体当たりする。そんな生と死が拮抗する漁で得た獲物が、村人の命を支え、彼らは互いの和をもっとも大切にしながら生活している。自然とともに生き、命に感謝し、祈りを捧げ、実に400年もの間変わらぬ伝統の捕鯨を続けながら暮らす“くじらびと”の姿――コロナ禍で急激な生活スタイルの変化を体験し、SDGsという言葉も浸透してきた昨今。厳しくも美しい、命のやりとりを通して、人間のみならず地球上にともに生きるものたちの眩しいほどに輝く生命力に満ちたドキュメンタリー映画が誕生した。

自然とともに生きるラマレラの人々の日常を繊細に、時に臨場感あふれる映像で捉えたのは、写真家であり映画監督の石川梵。2017年ロングランヒットした『世界でいちばん美しい村』でネパール大震災後懸命に生きる人々を捉えた彼は、同時にライフワークとして30年間ラマレラ村の人々を追い続けてきた。彼らの生き方への深い理解と互いの信頼関係を30年という長い時間をかけて築いてきた石川監督は、2017年から2019年までの3年間に撮影した映像を本作「くじらびと」として結実させた。
そして今回世界で初めてラマレラでの鯨漁の空撮と水中撮影に成功!ドローンやGoProで撮られた映像から、海中のクジラの様子や舟との対比を私たちは初めて目にする。クジラに体当たりされる舟、緊迫する乗組員たち。その臨場感はスクリーンを超えて見るものに迫って来る。

今回解禁となるポスターは、原始的な力に満ち、ラマレラのラマファがまさに銛一本で水面下のマッコウクジラに飛びかかっていこうとする瞬間を捉えている。手造りの舟で、小さな人間が命をかけて巨大クジラに立ち向かう。自分が命を落とすこともある、生と死が隣り合わせな瞬間。

400年もの間ここで生き続けてきたラマレラの人々のあり方はまさに「くじらと生きる」生き様。クジラ漁の季節は5月から8月とされる。南国の海の深く美しい色彩の中に、満ちる生のエネルギーを感じさせるビジュアルとなっている。

本作の公開に際して、石川監督の生き方と作品に共感した映画監督の山田洋次氏がオフィシャルサポーターとして名を連ね、コメントを寄せた。
◆山田洋次(映画監督)
インドネシアの小さな島に何年も通って作り上げたこの作品を見ていると、
美しい映像から吹き出す石川監督のすさまじいエネルギーにぼくは圧倒される。

30年に渡り、ラマレラの人々とくじらを追い続け、この圧巻のドキュメンタリーを作り上げた石川梵監督のコメントは下記の通り。
◆監督:石川梵
1991年写真家だった私は勇壮な鯨漁に魅了され撮影を始めた。撮影は過酷を極め、初めて鯨漁に出会うまで4年、作品になるまで7年かかった。しかし30年を経た今もくじらびとは私を魅了してやまない。そこには大自然の懐に抱かれ、恵みに感謝し、和を尊び、謙虚に生きるあまりに美しい人々の姿があるからだ。その姿が消え去る前に記録として残さなければいけない。それが30年関わった私の使命だと思った。そして今、それがこの映画「くじらびと」という形で結実した。この映画は、私たちにとって、鯨漁の凄さだけではなく、人はいかに生きるべきか、環境や自然とどう向き合うべきかという非常に重く大事なことを語りかけてくれると信じている。

9/3(金)より新宿ピカデリーほか全国公開

ShareSNSでシェアしよう!

作品紹介

関連するシネマNEWS

TOP