ハリウッドNo.1の”日本通” トラヴィス・ナイト監督 、“宮崎駿”愛を語る!!

(C)2018 Paramount Pictures. All Rights Reserved. HASBRO, TRANSFORMERS, and all related characters are trademarks of Hasbro. (C)2018 Hasbro. All Rights Reserved.
12月12日(水)

世界的大ヒットシリーズ『トランスフォーマー』の人気キャラクターが主人公となった『バンブルビー』。一作目でバンブルビーがサムと出会う以前の1980年代にさかのぼり、これまで語られることの無かったエピソードが初めて明かされる。

全米公開を直前に控えた12月9日に、LAワールドプレミアが開催。ブラックカーペットにシャープな黄色のアクセントが施されたバンブルビー・カラーの豪華プレミア会場には、主人公に抜擢されたヘイリー・スタインフェルド、WWE王座16回の記録を持つ人気プロレスラーのジョン・シナ、本作が実写映画の監督デビューとなるトラヴィス・ナイト監督、そしてこれまでシリーズの作品をすべて監督し本作ではプロデューサーとして引き続き牽引しているマイケル・ベイらが登場!

トラヴィス監督は、ハリウッド1の日本通であり、最も影響を受けたクリエーターとしてスティーヴン・スピルバーグと宮崎駿を挙げ、特に宮崎からはアニメーターとして女性が主人公である本作の繊細なキャラクター作りに大きな影響を受けたと公言。「宮崎駿作品は子供の頃から大好きで、もう自分の一部。直接的なオマージュはないけど、ストーリーを作る上でいつも影響を受けているし、今回もきっと影響を受けていると思います!」とその”日本愛””宮崎駿愛”を大いに語った。

本国アメリカのみならず、日本、そして全世界を大興奮させること間違いなしの超高評価に、劇場公開がますます待ちきれない!!

2019年3月22日(金)「はじまり」が幕を開ける。

ShareSNSでシェアしよう!

作品紹介

TOP