最強女優が爆笑トーク、各々の異名も披露!『地獄の花園』公開記念配信イベントを実施!

(C)2021『地獄の花園』製作委員会
5月24日(月)

真面目に働き、日本の経済を支える日本のOLたち。花園のようにも見える華やかな彼女たちの職場では、実は裏で地獄のような派閥争いが行われている。そんな地獄のよな花園の世界を描いた映画『地獄の花園』が5月21日(金)に公開となり、公開記念配信イベントが実施された。

イベントでは、主人公を演じた永野芽郁をはじめ、広瀬アリス、菜々緒、川栄李奈、大島美幸、小池栄子、そして本作のメガホンをとった関和亮監督が登壇。永野は、「今、自分自身が1番観たいと思えるような作品ができたと思います!」、広瀬は、「無事に公開できて、とてもホッとしています。本日は、たくさんの方にこの映画の面白い話をできたらと思います!」と各々挨拶。早速、スクリーンにキャストの仲の良さが伝わってくるメイキングカット投影され、MCからそれぞれの印象が撮影前と後で変わったかの質問に永野は、「広瀬さんは、元々明るいイメージがありましたが、それを遥かに超えるほどの、ハツラツとした明るさがありました!」とコメントすると広瀬は、「私、気づいたらめっちゃ明るくなっちゃっているんです。撮影が楽しくて、自然とテンションが上がっちゃいました!」と笑顔で答え、広瀬は、「永野さんは、イメージ通りの可愛らしい方かと思っていたら、意外と男っぽくて、サバサバしている面もあって、もっと知りたいと思いました!」と永野の意外な一面を披露した。


続く、MCからの撮影中に皆様で何か一緒にしたことを聞かれた菜々緒は、「撮影中 糖分が欲しくなって、みんなでお菓子を交換していました」と話すと、川栄が「私はグミ、大島さんは、飴とかガムなのに、菜々緒さんは小分けのマヌカハニーを持ってきてくれて、お洒落!ってなりました笑」と彼女らしいエピソードを披露。

そして、こだわった点について聞かれた監督は、「綺麗な女性たちの罵りたいを見たかったことがなかったので、そこを面白く描けるようにと、お綺麗に映るように意識しました」と話し、そのアクションについて永野は、「4~5ヶ月前からアクションの練習をはじめて、本番直前は2日1回のペースで練習して挑みました!」と話すと、監督も「涙ぐましい努力の賜物だと思います!」と感謝を述べた。

続いて、MCから本日の登壇キャストが一緒に働いたら、誰がボスになりそうですか?との質問に菜々緒は、「満場一致で小池さんかなと思いました笑」と答えると、永野も大島もそれに同意し、大島は、「小池さんの前だと緊張しますので笑」と会場を笑わせた。それに対して小池は、「表のボスが菜々緒さんで、今回の役がかなりハマっていたので、裏のボスは広瀬さんだと思います」とコメント。監督は、テキパキと仕事ができるイメージがあるので、菜々緒さん」と回答した。

さらに、面白い異名がたくさん出てくることが話題となっている本作にちなみ、それぞれキャストに異名をつけるとしたらの質問に、永野は、「広瀬さんは、“重低音アリス”です!たまに隣の楽屋から重低音が聞こえてくるんですよ。どんなに朝はやくてもイケイケの重低音が流れてきて、テンションを上げるために音楽を聴いているそうですが、私もその楽屋行きたいと思っていました!」と答えると、広瀬は、「めちゃくちゃヒップホップかけています。朝からテンション上げています!」照れくさそうに返した。広瀬は、「菜々緒さんは、“栗の菜々緒”です!菜々緒さんが大好きで、菜々緒さんになりたくて、何を食べているのかずっと見ていたのですが、栗が良いよと教えてもらって、小さいのを80袋買って、食べています笑」と菜々緒への愛を吐露。

菜々緒は、「川栄さんの強みは、天使のような笑顔だと思って、羨ましく思っているので“ベビースマイルファクトリー李奈”です」、と回答。川栄は、「大島さんは、色んな意味を込めて、“人食いの大島”です!役柄でも口紅がはみ出ていたり、人食い感はありますが、現実でもお母さんのように優しくて、いつもお菓子をくれるんです。どこどこのお菓子を美味しいですねってマネージャーさんと雑談していたら、次の現場で買ってきてくれたりして心を奪われたので、そういう意味で人食いです笑」とエピソードを交えながら答え、大島は、「小池さんは、“地上最強の女優小池”です!これだけ女優業をやりつつ、司会業もできて、そして喧嘩しても強そうじゃないですか!笑」と絶賛!小池は、「永野さんは、“孤高の女戦士・芽郁”です。 ほんわかなイメージがあったのですが、アクションや現場での姿を見ていて、芯が強く、とても格好良い方だと思い感動しました」と答えると、永野は、「嬉しくて、ちょっと泣きそうになりました!」と喜んでいた。

そして、本作を初日にご鑑賞いただいたお客様からの「私もOLなのですが、裏ではあんなことが行われているのかと笑いました」、「笑いだけじゃなくて、心揺さぶられるシーンや、愛おしいシーンもあって、出会えて良かったと思える作品でした」などの感想がスクリーンに投影されると、永野は、「嬉しいです!観てくださった後に、こんな素敵なコメントもらえると、頑張って良かったなと思えます!」と喜び、そのお客様から“映画の中だとバチバチでしたが、撮影の休憩時間は仲良くしていたのですか?”という質問に、広瀬は、「現場はバチバチではなくて、普通にワイワイしてました!」、菜々緒も「むしろすごいふざけていましたよね!」と答えると、監督から、「シリアスなシーンで、お互いの容姿が面白くて笑ってしまい、撮影が進まないこともあったくらいです笑」という仲の良さが伝わってくるエピソードも飛び出した。

また、公式TikTokに寄せられた“友達を誘って映画を観に行きたいのですが誘い文句をヤンキー言葉で伝えるとしたら皆様なら何て言いますか?”という質問に大島は、「“おい!ツラかせよ!”ですかね笑」、広瀬は、「“行かないなんて、言わせないぞこコラァ!”ですかね笑」と各々ヤンキー風に回答!最後に永野は、 「撮影の最中からキャスト・スタッフ、脚本のバカリズムさんと壮大なおふざけをしようとして言って本当に楽しみながら撮影したものが、そのままに映像になっています!観た後スカッとして、心のモヤモヤが晴れる作品になっていますので、是非お友達と見てください!」と締め、壇上でキャスト全員による自撮り撮影が行われ、イベントは大盛況のまま幕を閉じた。

大ヒット上映中!

ShareSNSでシェアしよう!

作品紹介

関連するシネマNEWS

TOP