『スーパー戦闘 純烈ジャー』主題歌「NEW(入浴)YORK」のミュージックビデオが解禁♪

(C)2021東映ビデオ 
4月28日(水)

3年連続NHK紅白歌合戦出場を果たした、後上翔太、白川裕二郎、小田井涼平、酒井一圭からなるスーパー銭湯のアイドル『純烈』の銀幕デビュー作『スーパー戦闘 純烈ジャー』より、主題歌「NEW(入浴)YORK」のミュージックビデオが到着した。

本作は、スーパー戦隊&仮面ライダーシリーズだけでなく『美少女戦士セーラームーン』、『男たちの大和/YAMATO』(2005年)など数々のヒット作を生み出した特撮研究所の佛田洋がメガホンをとり、銭湯や、ライブ会場とも一味違う、純烈の新たな一面をお届けする。歌に限らずエンターテイナーとしての幅を広げていく純烈の4人が、温泉を守るヒーローとなり、この秋スクリーンからみんなの心を温める。

主題歌「NEW(入浴)YORK」の作詞は純烈リーダー・酒井一圭、作曲は「ドラゴンボールZ」の初代オープニングソング「CHALA-HERD CHA-LA」や数々の特撮ソングを歌ってきた影山ヒロノブが手掛け、配信開始直後から、今までになかったロックな曲調ということで純烈ファンを魅了している。今回解禁されたミュージックビデオは、リーダーの酒井一圭がプロデュースを手掛け、「TOKYO BLUES WORKS」の遠山正樹が監督をつとめ、3月中旬に長野県諏訪市の旧東洋バルブ工場で撮影が行われた。


今までの純烈のイメージを一新するロック風なスタイル、そして緊張感・悲壮感が漂うまるでヒーローが敵と対峙するような鋭い眼差しでワイルドに力強く歌い上げている。途中、純烈ジャーへの変身アイテム〝マイクチェンジャー“を持って歌うシーンや、変身シーンイメージなどもインサートされ、「歌手・純烈」と「俳優・純烈」が見事にシンクロし、限界突破した純烈の姿を魅せつけるミュージックビデオに仕上がっている。

純烈「NEW(入浴)YORK」ミュージックビデオ

また、本日映画の前売券も発売開始となり、9月の映画公開にむけて早くも盛り上がりをみせている。

9月10日(金)新宿バルト9ほか全国劇場公開

ShareSNSでシェアしよう!

作品紹介

関連するシネマNEWS

TOP