キャストら“ヤンキーOL姿”で謝罪!『地獄の花園』完成報告謝罪イベント開催!

(C)2021『地獄の花園』製作委員会
4月21日(水)

真面目に働き、日本の経済を支える日本のOLたち。花園のようにも見える華やかな彼女たちの職場では、実は裏で地獄のような派閥争いが行われている。そんな地獄のような花園の世界を描いた映画『地獄の花園』が5月21日(金)に公開となり、各所で話題を呼んでいる。その一方で、ヤンキーOL達が世の中に広がり、日本全国のみなさまへ誤解を与えているのではないか、という思いから、本日4月21日(水)、OLの皆様に向けた謝罪イベントを帝国ホテルにて実施した。主演の永野芽郁をはじめ、広瀬アリス、菜々緒、川栄李奈、大島美幸、遠藤憲一、小池栄子と、劇中で壮大な抗争を繰り広げるOLを演じた面々が役衣装にて登壇すると、来場者に会場から大きな熱狂が!


早速、キャスト・スタッフを代表し永野から「本日は、お集まりいただきありがとうございます。映画とはいえ、暴言を吐き続け、OLのイメージを大きく変えてしまったことをキャスト・スタッフを代表してお詫びいたします。申し訳ありませんでした!」と挨拶と謝罪が。続いて広瀬は「OLの仕事はすごく苦手だったけれど、喧嘩がとても得意で、日々悪い奴らと喧嘩ばかりしていて本当に申し訳ありませんでした」、菜々緒は、「ご覧の通り、毎日コーンローで出社したこと。そして、ロケ中に怒鳴り散らし、週刊誌に取られてしまったこと。そして、“安藤朱里(あんどうあかり)”という名前だったのにも関わらず、“あんどうしゅり”と読み間違えて、役名を変えてしまったことをお詫び申し上げます」と謝罪し、会場を笑わせた。続く川栄は、「私は会社の完全制覇のために、社内の更衣室で喧嘩をしてしまい、ロッカーをボコボコにしてしまい、お詫びいたします」大島は、「こういう格好をして、こういう身なりなのに、白湯を飲んでいます。オーガニック生活をしています。本当にギャップがありすぎて、申し訳ありません!」と思い思いの謝罪を続け、遠藤は潔く「とにかくこの姿にお詫び致します!すみません!!」、小池は、「地上最強のOLということで、迫力を出したいなと眉毛もなくしてしまったこと、そして今こちらから見ている皆様の姿が、これはまるでコントじゃないかと心の中で笑ってしまって、真面目な顔が中々できず、その点についてもお詫び致します」とそれぞれ謝罪を述べた。

続いてMCから、この人は特にOLのイメージを著しく損ねたと思う方を聞かれた永野は、「遠藤さんです。戦うシーンで、常に薔薇を持っていて、必殺技でそれを使ってくるのですが、そんなOLさんはいらっしゃらないと思うので・・・笑」と話すと遠藤は、「良いアイデアだと思って監督と話して決めました、見てのお楽しみです!」とそれが遠藤からのアイデアだったことを明かした。そして広瀬さんは、「菜々緒さんです。世にこの映画が出た例の週刊誌が、やはり著しくイメージをそこねたかなと笑。この格好でスタジオ歩いていると誰も目をあわせてくれなかったのですが、やはりそれが大きいのかなと思いました」と回答すると菜々緒も「はい、誰ひとりとして、目が会いませんでした笑」と返しつつ、「私も遠藤さんです。ビジュアルが1人勝ちしているのと、誤解いただきたくないのですが、遠藤さんは女装ではなく、女性役ですので、ご理解いただければと思います」回答。遠藤も「モロ女性です!」とあわせ、会場の笑いを誘った。そして川栄も「私も遠藤さんで、(本作の撮影の)数日後ぐらいに他作品で、親子役をやらせていただき、しかもお葬式のシーンだったのですが、普通の遠藤さんが普通ではないのかと錯覚が起こり、笑いが止まらなくなってしまいました。」と答え、大島も、「私も遠藤さんで、はじめて見た時から心臓を射抜かれたというか、2日目、3日目でもずっとおいしく、さらにガーターベルトをしてハイヒールを履いているのですが、膝が痛いんですって笑、そういうことも踏まえて愛おしいと思いますが、OLではないかな、と思いました笑」と回答。それに対する遠藤は、「大島さんです。衣装合わせで髪型を決める時に、最初に目に入ったのが大島さんが今被っているカツラだったのですが、それを知らずに被りかなり気に入ったのですが、それは大島さんのなのでダメですよって言われて、OLって難しいなと思いました」と答えると、小池も「大島さんです。劇中で1人だけ収監されていますので、それに度肝を抜かれて、1人だけ次元が違うんじゃないかと思いました」と遠藤と大島が人気を集める形となった。

続いてMCから普通のOLとして抗争に巻き込まれるキャラクター直子のアクションシーンについて聞かれた永野は、「クランクインする4~5ヶ月前からトレーニングをはじめたのですが、広瀬さんと小池さんは、はじめましての状態から殴り合いでスタートしたので、普段とは違う距離の詰め方ができたかなと思います」と撮影秘話を話し、さらにMCから、ブチ切れて啖呵を切っているシーンが多かったですが、印象に残っているセリフについて聞かれた広瀬は、「“便所バエ共!”というセリフが初めて言ったで、とても印象的でしたが、特に大変なことはなかったですね!」と笑顔で回答。続く菜々緒は「“おめぇなんで私がピラティス行ってんの知ってんだよ!”です。あれ実はアドリブだったのですが、まさか予告とかにも大々的に使われていて驚きました」、川栄は、「私は“タコ!”です。人にタコって言うことってあまりないので、すごいスッキリしました笑」、大島は「“タルタルソースで美味しくいただく!”っていうのが本当に美味しいのかなって思いました笑」とそれぞれ強烈なセリフの思い出を語った。
そして、本作のオファーを聞いた時の心境を聞かれた遠藤は、「今年還暦なんですね。60歳のイメージがこんなではなかったので、想像通りにいかないものだなと思いました。でもいくつになっても、こんな突飛な役がもらえるのは嬉しいです」、小池も「やりがいがありそうだな、嬉しいなと思い、トムスンのメンバーを聞いて、すっごく濃い中年のようなOLが集まっているので、ワクワクしました。見ていただいた後に、一緒に働きたいと思えるような可愛らしいチームワークができたら良いなと思いながら、現場にいました」と役に対する思いを語った。

さらに、来場者から募集した質問に回答するコーナーで「撮影中に思わず笑ってしまったアクシデントは?」という質問に永野は、「脚本を担当されたバカリズムさんと階段ですれ違うシーンがあるのですが、本番でテストと違うセリフをおっしゃって、まさかそう来るとは思わなかったで、笑いそうになるのを必死に堪えました」と回答。広瀬は、「菜々緒さんが、大島さんの顔を見ただけで、笑いが止まらなくなっちゃって、いつもすごい和やかな現場だったので、それですごい現場が押して、はじめてピリピリしちゃって笑」と答えると菜々緒も、「給湯室で、真面目に熱く友情について喋るシーンだったんですが、みんなビジュアルがすごいので、ふと我に返ると何やってるんだろうってなって、笑いがとまらなくなっちゃいました」、川栄も「私は皆さんの少し後ろにいたんですけど、菜々緒さんと大島さんの2人が笑っちゃって肩が揺れていて、それに耐えられなくて私もすごいNGを出してしまって、申し訳なかったです笑」、さらに大島も「(撮影が)1時間押したのですが、みんなずっと笑いをこらえていて、いちいち面白くなっちゃって、笑ってしまいました笑」と笑いの絶えない現場だったことを明かした。
続く遠藤は、「小池さんの登場シーンが、子どもたちがお祭りで引っ張ってくるような巨大な山車の中に乗って出てくるのですが、それを真顔で乗っているのは、どういう思いなんだろうと笑ってしまいました」と答えると、小池は、「私も本当は堂々と乗ってなきゃいけないんですけど、これをどんな思いで作らせたんだろうと思って、考えることが小賢しいというか、みみっちくて全部面白くて、それが散りばめられていて笑えました」と返しつつ、「遠藤さんはじめ、トムスンチームで深夜までかかった乱闘シーンの撮影があったのですが、若者チームと比べてると、部下が皆、倒れたように寝ているというのが“歳か!”というので、面白かったです」と満身創痍だったことを話した。

最後に永野は、「本日は謝罪という形ではじめさせていただいたのですが、映画は本当に見ている方が笑顔になるような、何も考えずにただただ笑っていられる壮大なコメディになっています。怖い話では一切ないので、色んな世代の方に楽しんでいただける作品をこの時期にお届けすることができるのを本当に嬉しく思っております。とにかく笑ってみてください。ありがとうございました!」と作品の魅力を伝え、イベントは大盛況のまま幕を閉じた。

5月21日(金)全国ロードショー

ShareSNSでシェアしよう!

作品紹介

関連するシネマNEWS

TOP