『アメリカン・ユートピア』「Once In A Lifetime」演奏シーン解禁!!

(C)2020 PM AU FILM, LLC AND RIVER ROAD ENTERTAINMENT, LLC ALL RIGHTS RESERVED
4月19日(月)

元トーキング・ヘッズのフロントマンで、グラミー賞受賞アーティスト、デイヴィッド・バーンと『ブラック・クランズマン』でオスカーを受賞した鬼才・スパイク・リー監督。現代アメリカを代表するふたりの才人の奇跡のコラボレーションがついに実現した映画『アメリカン・ユートピア』より、全21曲、熱狂の107分の本編の中から、トーキング・ヘッズの人気ナンバーでもある『Once In A Lifetime』の演奏シーンが解禁された。

解禁となる映像では、マリオネットのように踊るデイヴィッド・バーンのパフォーマンスからスタート。イントロが流れると湧き上がる観客。スポットライトを浴びながら語りかけるようなデイヴィッドの姿を映し出すカメラ。そしてサビにはいると11人のミュージシャンたちが合流し、1列に並んで迫力のパフォーマンスと美しいハーモニーを披露するーー。
この「Once In A Lifetime」はNMEが選ぶ「史上最高の曲500」で30位に選ばれている。この曲は、1980年に発表されたブライアン・イーノがプロデュースしたトーキング・ヘッズの4th アルバム「リメイン・イン・ライト」に収録。このアルバムはローリング・ストーン誌が選んだ「オールタイム・グレイテスト・アルバム500」(2020年)で39位に選出、日本でもマイ・フェイバリットに選ぶミュージシャンも多い。故・今野雄二氏が「原始と原子の火花散る出会い」と評したニューウェイブとアフリカンミュージックの融合。あれから41年。時代を超えて愛される一枚だ。

『アメリカン・ユートピア』本編映像

5月7日(金)TOHO シネマズ シャンテ・渋谷シネクイント他全国ロードショー!
→TOHOシネマズシャンテ、渋谷シネクイント他全国にて近日公開

ShareSNSでシェアしよう!

作品紹介

関連するシネマNEWS

TOP