ゴスロリ髭女装プロレスラー・ビアちゃんも騙し合い合戦に参戦?!『騙し絵の牙』アハ体験予告解禁!

(C)2021「騙し絵の牙」製作委員会
2月19日(金)

累計発行部数50万部突破を誇るミステリー小説「罪の声」の著者・塩田武士が、俳優・大泉洋を主人公にあてがきし、2018年本屋大賞にランクインするなど、話題・評判ともに世間の注目を集めたベストセラー小説を実写映画化する『騙し絵の牙』より、佐藤浩市も音を上げた(?!)『騙し絵の牙』アハ体験予告が到着!


変化するのは4箇所。その中のひとつでは、突然、ゴスロリ髭女装プロレスラー・レディビアード(ビアちゃん)が出現!もちろん、ビアちゃんも本作のキャスト陣に名を連ねており、唐突にこのアハ体験予告に登場したわけではない。ビアちゃんが本編で登場するのは、大泉洋演じる速水が編集長を務めるカルチャー誌「トリニティ」で、編集部員たちが企画探しに翻弄するシーン。母体となる大手出版社「薫風社」を巡る騒動で、「トリニティ」も廃刊のピンチに立たされる中、速水は起死回生のために、これまで以上にインパクトのある企画を求める。いつでもチャレンジ精神と遊び心を忘れない速水は、迷える編集部員たちに「面白ければ、目玉は何個あったっていいんだ!」と熱弁し、彼らがこれまでやりたくても通せなかった企画、一緒に仕事をしてみたかった人たちをブラッシュアップするよう助言。そこで編集部員たちがそれぞれ、ゲストに企画を持ち掛けに行く…というシーンが展開される。プロレスラーとしての一面も持つビアちゃんは、相談に来た編集部員に技をかける豪傑ぶりを披露するも、状況を理解するとすぐさまいつものキュートな笑顔に。その天使のようなスマイルは、本編を観てのお楽しみだ。

『騙し絵の牙』アハ体験予告

3月26日(金) 全国公開

ShareSNSでシェアしよう!

作品紹介

関連するシネマNEWS

TOP