トム・ハーディが女装!?『カポネ』マット・ディロンとのドライブシーン本編映像解禁!

(C)2020 FONZO, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
2月17日(水)

かつて絶大な権力を誇り、恐れられた暗黒街の伝説のギャング、アル・カポネの知られざる最晩年を描いた衝撃の実話『カポネ』より、本編映像が到着した。

本作は、史上最も有名なギャングの最晩年を新たな視点で描いた予測不可能な驚愕の物語。血塗られた過去の悪夢にうなされ病魔に蝕まれていくカポネを、ただならぬ凄みをみなぎらせて演じきったのは『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のトム・ハーディ。その他、マット・ディロン、カイル・マクラクランら個性派&実力派キャストが脇を固める。

解禁された本編映像では、トム・ハーディ演じるカポネと、マット・ディロン演じるカポネの相棒ジョニーが車に載ってドライブするシーン。助手席に座ったカポネはなぜか女物のスカーフと帽子、サングラスを身に着け変装している。車を運転するジョニーはカポネに「見ろよ、懐かしいだろ」と昔の自分達が写った写真を見せるが、カポネは覚えていない様子。すると突然、バックミラーを覗き込み、後ろから尾行してくる2台の車を確認するカポネ。「気にせず走らせろ」とジョニーに指示を出す姿は素早く、病魔に蝕まれ記憶が錯乱し精神状態が不安定になりながらも、染みついた習性なのか常に身の回りへの警戒を怠らず抜け目のないカポネの様子が描かれている。果たして本当にカポネの頭は壊れてしまったのか―?

『カポネ』ドライブシーン本編映像

2月26日(金)より、新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開

ShareSNSでシェアしよう!

作品紹介

関連するシネマNEWS

TOP