拉致事件を描いた日本初の映画『めぐみへの誓い』5分版スペシャル予告編映像完成!

(C) 映画「めぐみへの誓い」製作委員会
1月14日(木)

13歳の時から現在に至るまで、拉致されたままの横田めぐみさんの人生を縦軸に、田口八重子さんを含む拉致被害者の苦悩と闘いを、綿密な取材に基づきリアルな描写で表現した映画『めぐみへの誓い』をより緻密に描いた「5分版スペシャル予告編映像」が到着した。

到着した「5分版スペシャル予告編映像」は、娘を想い感慨に浸る横田滋さん(原田大二郎)と横田早紀江さん(石村とも子)夫妻が海沿いを寄り添って歩いていく場面から始まる。海を眺める横田めぐみさんの両親の表情は、長年の演技経験や、舞台版「めぐみへの誓い」で夫婦役を数年の歳月を共に演じてきた原田、石村だからこそ表現可能な赴きに満ちた表情といえる。この海沿いを歩いていくシーンには、家族同士が引き裂かれても歩き続け、再会への希望を捨てていない、捨てる訳にはいかないという特別な思いが込められている。まさに横田めぐみさんへの「誓い」が感じられるシーンでもある。
昨年2020年10月に公開となった本作の予告編に比べ、約3分もボリュームアップしており、内容が大変緻密なものになっている。野伏監督が1分50秒の通常予告編で伝えきることができなかった部分が、この「5分版スペシャル予告編映像」では描かれており、本映像内の「海岸で行方不明の横田めぐみさんを捜索する場面」は、事実をもとに忠実に再現されている。本作『めぐみへの誓い』にはこのようなノンフィクションで描かれている部分もあるため、拉致問題に対して、幅広い世代の、より多くの皆様に関心を持っていただく非常にいい機会になるだろう。また、本5分映像内には金本役(印刷会社社長)の故・小松政夫さんの哀愁漂う表情の映像も一部収録されている。

『めぐみへの誓い』5分版スペシャル予告編

2021年2月19日 (金)より池袋シネマ・ロサ、AL☆VEシアター(アルヴェシアター/秋田市)他全国順次公開!

ShareSNSでシェアしよう!

作品紹介

関連するシネマNEWS

TOP